『生命保険会社による高齢契約者「支払い漏れ対策」はどうなっている!?』かなり取り組んでいる姿勢は感じる

   2016/12/19 

http://hokensc.jp/news/20160108/

高齢者への生命保険金の支払い漏れについて話題になっていたので、自分の2015年あたりの感想を述べてみる。

自分とこでは、今のところ生保社は2社だけの取引なんだけど、ザックリ言うとかなり各社取り組んできているようには感じる。

例えば、家族登録制度みたいなのを始めた。これは、予め本人の希望で登録しておくことで、家族にも連絡を取ることができるというもの。家族であっても別人なので、こうした事前の登録がなければ、勝手に本人の情報をペラペラ喋ることはできない。良くも悪くも……。

これは、前からやればいいのにと思っていたことである。

次に、DMとか電話確認なんかもかなり定期的にやるようになった印象。まあ、こういう時代だからね。本来そこまで「やらなければならない」というものではないが、時代とか顧客満足という辺りで言えば、当然の流れとなる。ある種否応なくね。

あと、契約後の話しとは違うけど、契約する際のガイドラインなんかも去年だったかその前だったかぐらいに出来ているので、高齢者を引き受ける際のルールというか、全てが全て強制まではなっていないが、いろいろと対策が講じられてはいる。

あと、保険会社によっては、運送会社に委託して、確認とったりもしているなんていうニュースも見たなぁ。

というわけで、それなりに結構やってはいる印象。

以上、感想こんな感じです。

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

髙橋 則彦(このブログを書いている人)のプロフィールはこちら

関連記事1

感想をもらえるととても喜びますw(※ 相談とかでもOKですよ。)

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。