『寿司屋直伝✩簡単✩茶碗蒸し』応用編パート2

   2016/12/19 

この前茶碗蒸しの作り方について公開したばかりですが、

『寿司屋直伝✩簡単✩茶碗蒸し』とても美味しく且つ綺麗に且つ簡単にできたのでおすすめです。

今回は、今朝ちょっと応用編をやってみたので、その辺りについて。作り方の全体像は↑を見てもらうとして、今回は一体何をやったのか。

そもそも前回も参考にしたレシピ通りにはやらずに、ダシをめんつゆ一本でやったんですが、今回は、それもやりませんでした。

ズバリ、スープを使いました。

「鍋物の残ったスープ」です。今朝、昨夜の残った鍋のスープを見ていて思ったんです。

「あ、使お」

と。

めんつゆにしてもそうなんですけど、そのまま飲んでみて、美味しい感じなら、いいわけです。しょっぱくもなく、薄くもなく。つまり、普通に食事の時に飲む、スープとかぐらいでいいと。

したら、何でもイケるじゃん、とか思っちゃって、取り敢えず朝から茶碗蒸し食べたいって人もいたもんですから、早速やってみることに。なんせ、下ごしらえして、火にかけてから10分で出来ちゃいますから。直ぐ出来るんですよwww

 

で、結論から言えば前回のめんつゆに続き「大成功」。味も美味いし、プルプルと気持ちが良い。というか、茶碗蒸しって、上の方は、プリンみたいになりますけど、下の方はほぼスープなんですよね。

なので、ほぼ飲み物なんですよね笑 使う材料としても、卵一つに、ダシ200CC(あと、具、少々)。ほぼダシなわけですもんね。初めに参考にしたレシピにも“汁物の代わりに♬”とかも書いてあったけど……そうですよね、と。

 

では、自分がやったやり方を。

まずスープを必要なぐらい用意するんですけど、その際具とか入らないように、ザルとかでコシます。

それを通常通りダシとして使う。

あと、スープの具も使いました。適量を穴の空いたお玉で、スープをきって器に入れました。で、ある程度平らに。

あとは、溶いた卵と、ダシ(コシたスープ)を混ぜたやつを、ザルなんかで、コシながら、器に流し込んで、アルミホイルでフタして、鍋で蒸せば完了です。

必要な情報はほぼ語ったんですが、大まかなところだけなので、詳しい作り方は、以下を見てみてください。

『寿司屋直伝✩簡単✩茶碗蒸し』とても美味しく且つ綺麗に且つ簡単にできたのでおすすめです。

うーーーん、というか、この手法を使えばかなりのバリエーションが考えられますね。

和風のしょうゆ味、味噌味、塩味のスープの他に、コンソメスープ、中華。カレーとかは薄くしない(ドロドロではなくスルスルに)と上手く行かなそうだけど。

あと、ラーメンのスープとか。ちょっとマニアックだが、インスタント麺のやつとかも食べてみたい気が、チャルメラとか、カップヌードルのシーフードとかメチャクチャウマそ……。

まあでも、楽に手軽にやるには、やっぱり色々な旨味がダシとしてでている鍋の残ったスープが一番良さそうですが。

やってみてください。

ちなみに今回丼でやりました。バッチリでしたよ。食べやすさ的にも。

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

髙橋 則彦(このブログを書いている人)のプロフィールはこちら

関連記事

感想をもらえるととても喜びますw(※ 相談とかでもOKですよ。)

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。