「Amazonパントリー」を使ってみて判ったこと

   2016/12/19 

昨年の夏頃でしたでしょうか、Amazonのプライム会員の対象サービスとして、Amazonパントリーがスタートしました。

一応どういうサービスか簡単に書いておきますと、

Amazonパントリーは、食品・日用品を中心とした低価格の商品をひとつからご購入いただけるサービスです。

という風にAmazonのサイトには出ていまして、こちらから動画も見れます。所謂、スーパーで売っているぐらいの価格で、少しずつ買えるサービスってことなんです。サイト上では、今はその表記はみつけられませんでしたが、そういう風な謳い文句で始まったサービスです。

 

さて、そんなわけで、実際に使ってみました。

使い方は簡単で、普通に買いたいものをポチポチやってあと、購入の手続きをを通常通りやればいいだけなんです。ただ、1箱ごとに290円かかります。なので、お菓子一袋だけとか買うのはちょっとアレになります。だから、一箱あたりどのぐらい入るのかが気になるところですよね。

なので、Amazonパントリーのページに行くと、いろいろ出てるんですが、こういう風に、

Amazonパントリー(修)
出典:https://goo.gl/NpgpwA

箱の使用率が何%って表示されているんです。だから、例えば、このぐらいのやつだと、7%とかなので、大体14袋とか入ります。なので、結構量入るんですよ。あとは、調整にカップヌードルとか1%のやつとかあるんで、残り少しだけ空いた場合は、そういう奴を買って100%にするといいでしょう。

実際自分は今回2箱分買ったんですが、調整に、カップヌードル(っていうか、スープヌードルの方だけど)2つ買いました。それで、ピッタリ200%。しかも、1個91円とかなり安い。

もっと言うと、袋麺とかもチキンラーメンとかマルちゃん正麺とか名立たるブランドが、スーパーでも特売とかじゃなければ、結構しますが、今回チキンラーメンは321円。マルちゃん正麺醤油は320円で買いました。他に、サッポロ一番のみそと醤油も320円。もちろん税込ですよ。

ティシュボックスは5個で215円。だから、安いんですよ。しかも持ってきてくれるんですよ。自分的には、これが非常にいい。290円でお使いを頼んだようなものなんです。

しかも、翌日とか翌々日とかに届きますしね。ホント楽。楽なだけじゃなく安いし。お酒とか重いやつなんかもいいですよね。

だから、思うんですけど、このサービスって、お年寄りとか(特に車のない)、店から遠い人。あと、忙しい人、に最適なサービスですよ。行くのが楽しくてしょうがない人はアレですけど、そうでもない人は、忙しい人とか、開いている時間にポチポチとやっておけば、好きなことに使える時間増えますよ。

本当に合理的だと思いました。これからもドンドン利用していきたいと思います。

Amazonパントリー

あっ、それとなんですが、今回二箱分注文したって言ったじゃないですか。これね、注文した量的にはそうなんですけど、実際は3箱できました。こういう風に。

Jpeg
Jpeg

で、開けるとこんな感じです。

Jpeg
Jpeg
Jpeg

だから、アレなんですよね。箱の多きさは一つは小さかったんです。多分、梱包の都合でこうなっちゃったんでしょうね。体積的にはイケるんだけど、形的にダメだったと。

それとなんですけど、複数の箱を一回に注文する場合、トータルでの計算になるようです。何かと言うと、一箱ずつだと、オーバーするケースでも、2箱(200%)で計算するとイケる組み合わせなんてのもありまして、自分も実際にそうでした。

あれ?なにコレみたいな。だから、箱の使用率の足し算的に、一回ではなく、分けて別々に、2回で一箱ずつ注文していたら、丁度2箱にはならなかったわけですが、一回に注文したので、丁度で収まり、手数料も2箱分で済んだと。結果、料金は2箱分でも3箱で届いてはいますがね。まあ、それは、余計に手数料取られるわけじゃないですから問題なし。

というわけなんで、使い勝手のあるサービスなんで良かったら使ってみてください。

Amazonパントリー

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

髙橋 則彦(このブログを書いている人)のプロフィールはこちら

関連記事

感想をもらえるととても喜びますw(※ 相談とかでもOKですよ。)

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。