3年連続で成果給引き上げへ 大手生保が営業職員対象に方針

   2016/12/19 

生保で3年連続の引き上げだそうです。

JCAST会社ウォッチによりますと、国内大手のニッセイで、営業職員の所謂歩合の部分ですね。これを「2016年の4月」から引き上げる方針を固めたそうです。対象の職員数は約5万。上げ幅はこれから労使交渉で決定されるということです。

人不足なので、確保する狙いのようですよ。

 

うーーーん。むむむむむむむーーーー。という感じですね。(なんだか良くわからないか……。)

生保界隈はとにかく景気が良さそう。そう感じるニュースが多いもの。もう、安倍政権になって完全に立ち直ったという印象。もう、安倍政権様々だね生保にとっては。まあ、実際に安倍政権はかなり良くやっていると思うけど。

自分の記憶では、このレベルの政権ってまずない。他に印象的な政権はあったけど、ここまでではないんじゃないかな。

まあ、それはさて置き、国内生保ってホント良くやっているよね。というか、「良くやれているよね」って、言った方が自分の言いたいことに正確か。いろいろなニュースとか話とかででも、損保系や外資系が入ってきて、大分影響は出ているとか。時代とともに、企業にも出入りが難しくなっているとか、いろいろ聞くんだけど、相変わらずやっているわけだからね。

これまでに貯め込んだストックが膨大なのは大きいだろうけど。ただ、これまでに相談受けた経験で言うと、

「なんでそんなに、膨大に入ってるの!?しかも、そんなクソ割高なとこに??しかも、そんなに収入無いって話なのに???」

というケースが割りとあるんだよね。だから、何のためも何も無いようにさえ感じたりもした。

つまり、一部のリテラシー高めで、且つ、ある程度の合理主義者な人は間違ってもそういう行動は取らないんだけど、あんまり考えないし、気にならない層の人は、相変わらず割高でもなんでも気にならず入っていると。こういうことだと思うんですよ。

うーーーん。まあ、確かにね、合理的とか割高とか興味なくて、とにかく生命保険に入ることだけ考えていればそういうの関係ないもんね。自分からすると、宇宙人のような感じさえしてしまうんだけど……。事実としてそういう人もいます、と。

 

国内生保は、何度も言っていますが、「完全に割高」です。全く同じレベルの大根でも普通に高いんです。デパートみたいなもんです。そう言えば昔は、贈り物とかはデパートの包み紙で包まれているのが重要みたいなのがあったな。自分の時代ではほぼ無いですが、少年の頃はまだそういうの感じました。

なので、国内生保は、ユーザーがあんまり保険に興味が無いことに相当助かっているのです。この事実をハッキリと認識した日にはもう……ほぼ一部の信者しか入らない。やっぱり生保も信者っているんだろうな……。

終わります。

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

このブログを書いている人のプロフィールはこちら

関連記事

ありましたら感想を。

メールアドレスは公開されません。ので、その点は安心です。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。