日本初の自動運転が実現 テスラがソフトウェア提供を開始

   2016/02/03 

自動運転が早くもスタート。政府の承認は初だそうです。

LINE NEWSによりますと、イーロン・マスク率いるテスラモーターズで、同社のEV「テスラ モデルS」に向けて日本国内で自動運転をするためのソフトの提供を開始したそうです。

これにより、

・オートレーンチェンジ:ウインカーを出すと車の周囲をセンサーが検知して自動で車線を変更できる

・オートパイロット:ハンドル操作無しで高速道路を走行できる

など三つの機能が使えるようになるということ。

で、これら自動運転機能の承認は、国内では初だそうで、国土交通省は初めて承認したということなんですね。初めて公道で自動運転が行える、と。

 

率直にすごいですね。まだ、「完全」自動運転では無いようですが、かなりいいですね。遠出が楽になる。聞くところでは何年か、かかりそうみたいだったけど、それは「完全」の方なんでしょうね。にしてもなかなか認可しないだろうとか聞いていたので、驚きのニュースでした。

神奈川県あたりでは、特区として、実験的にいろいろやっていると聞いていましたが、ホント驚きました。

率直に欲しいです。

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

このブログを書いている人のプロフィールはこちら

関連記事

ありましたら感想を。

メールアドレスは公開されません。ので、その点は安心です。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。