『車交代で運転するんですけど変更するといくらぐらいかかりますか?』について助言した注意点

  

少し前だがタイトル『』内のような相談を受けたことがあった。自動車保険のことである。

なんでもお子さんのやっているスポーツの遠征とかで、その人の車が大きいことから、送迎を引き受けるという話だった。

で、結構遠くまで時間をかけて行くということで、その為、その人以外にも運転手を予定しているということだったのだ。載せていく子供たちの親御さんの1人。なので、その人の自動車保険の契約は、「本人とその配偶者のみ」がドライバーとして対象という契約だったためそれを、他人まで拡げたら、いくらかかるのか?という相談だったのだ。

自動車保険は、本人との間柄と年齢で一般的に制限をかけることができる。知っている人は多いだろうが、範囲が狭いほど保険料は安く済む。

話を聞いた所、年齢の制限は変更の必要がなかったため、計算した所、大した保険料はかからないことが判明。

で、終わりでは有りません。笑 このエントリーは、いくら掛かるのか?という話ではなく、その際に注意したい点について書いているからです。

 

さて、ではその場合の注意点について。自分は、その顧客にこのように助言しました。

「料金的には大したことが有りませんが、それはあくまで事故がない前提です。」

「もしも、事故があって保険で対応するとなると現行の仕組みだとかなり保険料が上がります。」

「ですので、そうなった場合どうでしょうか?」

「確率は低いのでと、事故は基本起きない前提に立ち、もしそうなった場合はしかたない、と考えるのならいいでしょうが、そうでなければ考えた方がいい」

というように助言したのです。

実際はもっと具体的な数字も説明をしています。

現行仕組みだと、こちらでも、

【自動車保険】修理代がいくら以下なら保険を使わない方が得なのか?

以前に書いていますが、年間で通常大体5~6割ぐらい上がるんですよね。保険料。5%じゃないですよ笑 1個桁が上です。

ですから、年間でそれなので、通常事故一回につき、3年間は高くなりますから、トータルでは×3なんです。

ですから、年間5万円ぐらいの保険料の人は、25,000~3万円ぐらい上がり、それが×3年間。75,000円~9万円ぐらい上がります。

10万払っていれば、大体その倍。トータル15万円~18万円上がるのです。当然その他に+これまでぐらいの保険料も。

どうですか笑

全然笑えないでしょ。

いや、仮にその運転した人が払ってくれるんならいいですが、そういう感じにならない場合、請求できます?そういう行動取れますか?という話。

あるいは、事前に確認しておく。お金の負担について。

だから、その人にも、負担については予め協定しておいた方がいいですよ、と言いましたね。もしも、運転してもらうのなら。

で、そう考えると面倒でしょ、と話したのです。

少し繰り返しになりますが、お金のことは別にいいのなら話は簡単なんですけどね。

 

なので、そういう絡みがあるので考えたほうが良いってことと、じゃなければ、別途保険をかけるべき、と伝えました。

というわけで、こういう落とし穴があるので、同じようなケースについては注意した方がいいですよ。何か有れば、保険で、と考えていたら、ガッツリ上がったら「え」みたいになりますので。

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

髙橋 則彦(このブログを書いている人)のプロフィールはこちら

関連記事1

感想をもらえるととても喜びますw(※ 相談とかでもOKですよ。)

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。