ドローンを飛ばすのに知っとくべきルールについて

   2016/12/19 

このエントリーで、

ドローン飛行で書類送検へ、高松 初の改正航空法違反疑い

ドローンの事件(と言ってもそこまで大げさなものでもないけど)について取り上げたら、ドローンのルール(法令)について気になっちゃいまして、少し調べてみました。

キャンプとか行った時に息子と飛ばすのも面白いと思いまして。

 

それでですね、調べたら結構色々判りました。

要は、こういうことみたいです。

ドローン、区域
出典:航空:無人航空機(ドローン・ラジコン機等)の飛行ルール – 国土交通省

凄く大雑把に言うと、

・場所

・高さ

のようです。

高さは、図に出ていますが、150m以上はダメみたいですね。

で、場所はですね、

・空港等の周辺の空域

・平成22年の国勢調査の結果による人口集中地区の上空

ということです。

で、人口集中地区ってのを見てみると、地図を見る限りそんなにあっちもこっちもではないようですね。都会じゃなければ。駅周辺といった感じです。

ドローン、禁止区域
出典:同上

赤いとこね。

あと他には、「もダメだし、イベント上空、30m未満など」、国土交通大臣の承認を受けていないとやってはいけないケースがいくつもあります。

と調べているうちに面倒になって来た……。

 

というわけで、ただちょっと飛ばしてみたいだけなら、人けがない山の方とかで、ひっそりと「誰にも迷惑がかかりようが無いところ」でやればいいように思いました。

ちなみに、このルールに違反した場合罰金だそうです。なので、他の法令では有り得ますが、この法令については懲役までは今のところないようです。

※航空法に定めるルールに違反した場合には、50万円以下の罰金が科せられますので、ご注意ください。

詳しくは以下を見てください。面倒なら予め役所に電話して聞いてみると良さそう(楽そう)ですね。

航空:無人航空機(ドローン・ラジコン機等)の飛行ルール – 国土交通省

B0095D9ICE
カメラ付 RC ラジコン クアッドコプター マルチコプター コントローラ付き 【上昇・下降、右・左旋回、前進・後進、静止画・動画撮影:200万画素】 4CH 2.4G REMOTE CONTROL QUADCOPTER ホワイト

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

髙橋 則彦(このブログを書いている人)のプロフィールはこちら

関連記事1

感想をもらえるととても喜びますw(※ 相談とかでもOKですよ。)

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。