交通事故でも健康保険は使用できるのか?

   2016/12/19 

このテーマについては、比較的知られてきているような気はするが、feedlyをチェックしていたら、とんでもない記事を見つけてしまったので、折角いろいろググったりもしたので、記事にしておく。

で、とんでもない記事ってのが、どうやら新聞社でやっているサイトの記事だったんだけど……、もっとちゃんとした人に記事依頼した方がいいよ……。書いた人は、保険業界(損害保険)にもいたことがあるようだが……、ホントかいっ……って感じ。

いや、ついでにやっているような、メインにやっている感じではない人なら一定程度理解はできるけど、常識でしょっ、と。常識の範囲ですよ普通。

要は、「交通事故だと健康保険使えないからね!ちゃんと任意保険とかで準備しとかないと大変よ!!」みたいな内容だったわけ……。

完全に素人。おそらくいたと言っても、少しだけだったんじゃないかな。普通有り得ないもん。もし、自分の部下がこんな記事書いてた日には、ヤキ通り越して、笑いますは。ははははって。そのぐらいのレベルの話。

あ、というわけで、使えますからね交通事故でも健康保険

でっかく書いとこう。いや、単なる個人の、しかも素人のブログとかならいざ知らず、新聞社のサイトですよ。だめじゃんって。とんでもない。でも、面倒くさかったから、連絡とかはしなかったけど……。そこまでお節介焼きでも世話好きでも、いい人でもないので笑 取り敢えず、このブログに辿り着いた人だけということで……。

ただ、前から常識的な知識として、「交通事故→健康保険OK」ということは知っていましたが、さらに深いとこまでは正直知りませんでした。機会がなかったです。なので、必要に迫られずで。

つまり、届け(第三者行為による傷病届)は必要ということが判明しました。ケースによっては。誰かにやられた場合は、必要なんですね。なので、一方的にやって自分もケガをしたケースでは区別されるのだと考えられます。

細かい詳細は、病院等で聞けば間に合うでしょうから、内容についてはこのぐらいで。あと、今は大分改善されたと聞きますが、病院によっては故意か過失か知りませんが、未だに使えないと言ってくるところがあるようです。

ですので、その際は、キチンとそんなはずはない、と伝え↑の辺りを説明するか、役所に指導を要請するか、面倒だから、そんなバカみたいな病院やめて、他のまともなところに行くか、がいいでしょう。

ちなみにですが、病院的には、健康保険使わないほうが美味しいんですよ。自由診療だから。めっちゃ請求できる、と笑 聞くところによると、数倍の値段で請求しているのが普通みたいですね笑

これ、あんまり一般には話題になんないけど、自賠責とか任意保険とかあと労災とかもか。保険料高くなる要因なんですからね。

2~3割程度なら理解できるけど、5倍とか何倍とかはボッタクリすぎだろ、と率直に考える。だから、みんな健康保険使えば、医者的には美味しくないけど、自賠責とか任意保険とか安くなりますよ、間違いなく。

世の中ってこういうボッタクリみたいなのが普通にまかり通っているものたくさんあるんですよね。バレてないだけ的なところはあるでしょうが……。

あと、一応自分の口から(というか文字。しかもデジタルの)だけ、

使えますよ

とかだけ言われただけだと、信用出来ないという人もいると思うので、役所からの通知も載せときますね。

昭和 43 年厚生省通知
健康保険及び国民健康保険の自動車損害賠償責任保険等に対する求償事務の取扱いについて

( 昭和 43 年 10 月 12 日保険発第 106 号 )

なお、最近、自動車による保険事故については、保険給付が行われないとの誤解が被保険者の一部にあるようであるが、いうまでもなく、自動車による保険事故も一般の保険事故と何ら変わりなく、保険給付の対象となるものであるので、この点について誤解のないよう住民、医療機関等に周知を図るとともに、保険者が被保険者に対して十分理解させるよう指導されたい。

問題の箇所。コピペ出来なかったので、画像。

 

交通事故、健康保険

 

だめだねぇ、いくらなんでもこんなこと書いちゃ。ワザとではないんだろうけど、商売でやってんだろうから、そんな甘い話ではない。しかも新聞社。あんまり解ってない人がやると(書くと)恥を書くの典型。これ見て健康保険使わないでやった人最悪だわな……。

 

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

髙橋 則彦(このブログを書いている人)のプロフィールはこちら

関連記事1

感想をもらえるととても喜びますw(※ 相談とかでもOKですよ。)

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。