生命保険業界の構図 保険選びでは「保険会社比較」も

   2016/12/19 

ZUU onlineに保険についての記事が出ていたので目に止まった箇所を紹介しよう。

ここです。

「保険会社」も比較しては? くれぐれもイメージで選ぶなかれ
保険を選ぶ際、商品そのものが自分や家族に合っているかどうかが一番重要だろうが、保険会社そのものが信用できるかどうかという視点も欠かせない。生命保険料は、毎月の支払い額は高くなくても長年払っていればそれなりの額にだってなる。

たしかに保険会社が倒産しても、生命保険契約者保護機構によって契約は守られるとはいえ、信用できる会社と契約したいと思うのが人情。保険を選ぶ際に、「商品そのもの」はもとより「保険会社」を比較してみるのもいいかもしれない。くれぐれも広告のイメージに引きずられてはいけないが。

良く思うのが未だによく存在できているな、という保険会社があること。昔の包み紙に価値を感じ、なんだろうブランド(?)なんだろうね。贈り物は老舗の有名デパートで!という風潮がかなり濃かった時代があったが、今ではほとんど関係ない。

が、それでもこの前会った人はそういう感じのことを相変わらず言っていたし、未だに営業はしていることを考えると、それなりにユーザーはいるのだろう。まあ、どういう心理で利用しているのかは定かではないが……。

それと同じようなことが生命保険でもある。

少し説明すると、所謂、

・国内生保

・損保系生保

・外資系

・ネット系

と、こういう感じに分けることができます。し、そんな風に業界では言われています。

その中で、最も大きく差があるのが、一番めと、二番目以降。基本的にはこの2分類。あと、ネット系は、一番目と比較すれば当然安いが、それは、ネット系が安いというよりも、一番目がクソ高いだけ。なので、それを言うなら、一番目と比較すれば2番め以降はみんな同じような話なのだ。

逆に2番め以降同士を比較するなら、みんないい勝負をする。以前に比較した時は少なくともそうだった。逆にネット系よりも遥かに安いケースもあったぐらいだ。だから、今のネット系ってそうは安くないんですよ。電子書籍的な笑 たしかに、安いケースもあるが、中古本と比べちゃうと……みたいなケースも少なくない。中古本は割りといつも安い。マンガなんか特に中古の方が。というような感じ。その人の好みによっては利便性は高いけど。

で、しいて言えば、2番目以降の中でも外資はちょっと高めな印象。今はちょっと名前変わったが、前は「ア」から始まっていたとこ。手数料が魅力で積極的に提案したショップも多かっただろう。

まあなので、そんな感じなんです。なので、バカ高いのは一番上の国内生保。間違いない。これは、批判じゃないんです。客観的事実。「今日は晴れてますね」みたいな話なの。で、知らない人は、気の毒だと思うので、こうやって書いてみたのです。

勿体無いなぁ、と。よくそんなのみたいな。

ちなみに、大体意味は伝わったと思うけど、国内生保というのは、昔から国内にあるみなさんがよく知っている、CMもバンバンやっているようなところですよ。元祖的な。そういうとこに、月2万円とか払うなら、他だと随分いい内容でも半分とかぐらいで出来ると考えられます。

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

髙橋 則彦(このブログを書いている人)のプロフィールはこちら

関連記事1

感想をもらえるととても喜びますw(※ 相談とかでもOKですよ。)

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。