古い車で事故った場合に起き易い問題と対策

   2015/11/27 

はじめに

今回は、古い自動車で事故が起きた場合の問題と対策についてご紹介します。

 

間に合うぐらいの修理代が請求できない可能性がある

事故のケースは大きく分けると2つ

自動車で事故が起きた場合の自動車自体の損害額は、基本的に元に戻すための費用となります。つまり、修理代です。

この点について一つ問題があります。

事故のケースというのは様々ありまして、

 

・どちらかが一方的に悪い事故

・お互いいくらかずつ悪い事故

とまあ、程度はいろいろあるにせよ大きく分けると、以上の2つに分かれます。

 

車が古ければ古いほど発生し易くなる問題

で、一方的に修理代を払ってもらうケースにせよ、自分の車両保険も使うケースにせよ、修理代が、賠償義務を超える場合や車両保険でしたら補償の限度を超えてしまう場合があるわけです。

これはですね、さほど大きな事故でなくても、古い車であればあるほど発生し易くなります。

一方的に被害にあわれた場合などは特に、気の毒に思います。

まあ、100円ぐらいなら、比較的、不幸中の幸と言ったところでしょうけれど、何十万単位になれば、本当に最悪なことですね。

しかし、日本の現状の法律などでは、このようなルールになっています。

 

対策

車両全損修理時特約という特約があります。

この特約を予め契約しておけば、通常の車両保険の限度額よりもさらに50万余計に補償を受けることが出来ます。

ですから、絶対に間に合うということではありませんが、かなり、対策としては有効になるでしょう。

また、この特約の名称および内容は、あくまで我々の取り扱っているものの話しですので、他所さんは必ずしも同じではない可能性が普通にあります。おそらく同じようなものがあるかと思いますが、その点は、詳しくは直接お問合せください。

 

最後に

というわけで、修理代が間に合わない場合の対策として車両保険をパワーアップさせる特約をご紹介してみました。

自損事故などのように自分が主に悪いようなケースでは、比較的いいでしょうけれど、被害事故の場合は本当にキツイですよね。

それと、自損事故などだけではなく、被害事故についても、自分の保険で対策するのは、不本意な面はあるでしょうけれど、しかし、確実にこういったリスクは存在しますので、古目の車を乗っている方は特に、対策として、この車両全損修理時特約を検討しましょう。

また、この特約を契約しない場合でも、ポイントは、最低限こういった可能性について予め理解しておくことですね。(心の準備)

それでは今回はこの辺で。

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

髙橋 則彦(このブログを書いている人)のプロフィールはこちら

関連記事

感想をもらえるととても喜びますw(※ 相談とかでもOKですよ。)

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。