自動車保険を見直す際のポイントについて

  

ついこの前もこういう話をする機会があったんですが、自動車保険の保険料が高いとか安いとか。

その話した人は、某農業系のとこに入っていまして、自分のところには別のジャンルのものでのお客さんでした。

で、なぜだったか今となっては忘れましたが、どういうわけか、自動車保険についての話題となり、世間話的な雰囲気のなかで質問を受けたんです。

で、安いの高いのと値段の話になったんで、そのときに話したことを書きます。

 

自動車保険は、各社それぞれ独自のものですが、と言っても、自動車保険は自動車保険なので、そうは違いません。同じと言ってしまっても、ほとんどいいぐらいでしょう。これは、保険料も、そうなんです。同等の内容であればそんなには変わらない。

まあ、競争が激しくなればなるほど何の業界でも、そうなっていくわけですが。特色が無くなっていくと。なので、イノベーションが起きなければ、そんな感じで行くと。

 

なので、要は保険料を調整したければ、内容でやるほかない、と。

で、もっとザックリ言えば、ポイントは、自動車保険の場合、車両保険です。

前にも似たようなこと書いたことがあるような気もしますが、車両保険のタイプは、大まかに2つ。

おおまかに言うと、

・自損なども出るフルカバータイプ(以下、Aタイプ)

・自損までは出ないタイプ(以下、Bタイプ)

この2つです。あと、保険会社の商品によっては、それより細かく選べる可能性もあります。

 

で、車両保険以外の部分は、一般的な感じでやった場合、Aタイプの車両保険を選択すると、車両保険の保険料だけで、全体の半分を占めるのが一般的です。場合によっては、半分よりも多いことも。

ということは、年間10万円のケースでは、5万とかぐらいが、車両保険の保険料となるのです。

ちなみに、Bタイプだと、半分の半分ぐらいですから、今の例で言うと、25,000円くらいとなります。なのでトータルでは年間75,000円とかぐらいに。

あと、細かいところはありますが、枝葉の話でしか有りません。一箇所調整しても千いくらとか、2千いくらとかそんなレベルが殆どで。まあ、あるところでも万のレベルのところというのはまずないです。

だって大体、入りたい内容って、みなさん普通車両以外は決まってますから。相手は、今時無制限じゃないですか。これ無制限にしなくても大きい事故は少ないですからそんなには変わらないんですよ。

あとは、自分のケガ。これも全くやらないという人はまずいません。やるとすると通常のちゃんと補償されるやつだと、3,000万からとか。3,000万でも無制限でもほぼ同じ。

となると、車外事故をやるかどうかとか、限定関係。その他特約、とかそんな感じなんです通常。なので、その辺の調整ぐらいだと、数が沢山有ればトータルである程度まとまっては来るでしょうが、車両保険ほどの影響は普通無いんですね。

 

というわけで、最大の影響のあるポイントは、車両保険です。

・車両保険をやるやらない

・車両保険やる場合はどのタイプにするか

これぐらいです。

で、仕上げに細かいところを吟味したい人はすればいい、と。

なので、自動車保険は車両保険が値段するんですよ。

 

あ、あと、補償内容の選択とはちょっと違いますが、年齢条件は若い年齢で設定するのとそうでないのとでは、保険料結構変わります。これは今時は常識の範囲かもですが……。まあ、でも都会はあれですが、今は1人1台の時代なので、親が一時的に子供も対象に含めたいとかの場合以外は、普通は自分に合わせますから、通常は選択を検討するようなところでも無いですが。

それに親のを→子も、というケースなら、必然的に料金の違いが判るので、普通に判ることですし……。

以上です。

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

このブログを書いている人のプロフィールはこちら

関連記事

ありましたら感想を。

メールアドレスは公開されません。ので、その点は安心です。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。