『朝食抜きに脳卒中リスク 大規模調査で1・18倍高』フムフム、個人差は結構ありそうだけど。ストレス感じないどころかむしろいい感じだし。

   2016/12/19 

朝食抜きで脳卒中だそうです。

共同通信によりますと、朝食取らない人は、脳卒中になるリスクが約2割上がることが判ったんだそうです。

朝食をほとんど取らない人は、毎朝食べる人に比べて脳卒中になる危険性が1・18倍高いとする大規模調査結果を、大阪大や国立がん研究センターのチームが4日発表した。

なんでも、朝食をとらないことで、空腹のストレス→血圧上昇→脳卒中の可能性増、という話です。

記事読むと結構な人数と時間をかけてやったようですね。

 チームは、岩手県から沖縄県までの九つの保健所管内に住む45~74歳の男女約8万2千人を調査。約13年間のうちに3772人が脳卒中を、870人が心筋梗塞などの虚血性心疾患を発症した。

この数字からは、2割弱というのを読み取ることができないけど、まあ、そういうことなんでしょうね。

 

で、自分が気になるのは、個人差とメリット。物事なんでもデメリットが有ればメリットもあるもの。つまりは、それらはセット。

で、これで、直ぐ「大変だぁーーーーーーーー!!!!!!」みたいに騒ぐお利口さんがいるけど、メリットも相当にあるんじゃないかと思われる。

実際に自分は、2ヶ月ぐらい前から、ほぼ朝食(どころか昼も)を取らない生活を繰り広げているが、非常に好調です。楽。

空腹のストレス無し。大体ストレスになるぐらいなら、食べるし。あくまで実感ベースではあるが。

うーーーーん、結構本や人の話では、少食(朝は食べない)で調子よくやっている人の話を聞くけどね。

これ職業にも完全によるでしょ。むしろ、空腹のほうが調子よく仕事できるよ。無理に我慢して、朝食抜いた人がこうなってるんじゃないのかな。

というわけで、気にせずこのまま行きます。

あ、というか朝コーヒーは飲むけどね。それは、この調査の定義上どうなんだか……。

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

このブログを書いている人のプロフィールはこちら

関連記事

ありましたら感想を。

メールアドレスは公開されません。ので、その点は安心です。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。