持病隠し免許更新の罪 宮崎5人死傷事故で追起訴

   2016/02/07 

産経ニュースによりますと、車の運転免許の更新のときにウソの申告をして免許を受けた人が宮崎県の方でいたんだそうです。そして、その人は、事故って5人を死傷させる事故を起こしたということ(怖)

この人は、免許を更新する際に書く、質問票の以下の質問、

「過去5年間に病気などで意識を失ったことがある」

に対して、「いいえ」と書いて免許センターに出して免許を受けたんだそうです。

で、実際はどうだったかと言うと、

約4年前にてんかんの発作で意識を失っていた

んだそうです……。

罪名は、その件が、

・道交法違反(質問票の虚偽申告)の罪

で、人をひいた件は、

・自動車運転処罰法違反罪(危険運転致死傷)

ということ。両方とも起訴されたそうです。

更新は平成26年7月。事故は昨年3月ということです。

 

これ、大変悪質ですね。車は殺人マシーンですから。ただ、実際の現実を見てみると、こうやって免許を受けたからといって、直ちに人を殺すわけではないせいか、割りとこういう人っているような気がします。

自分の近所でも「てんかん」持ちの人がいたような気がするな……。あと、他でも知り合いの知り合いの知り合いぐらいの感じだけど、そういう人がいて危ないみたいな話を聞いたことが。

いや、本当に危ないですよ。そんな考えなくたって判るじゃないですか。そういう人って、いきなり意識飛んで倒れたりとかするわけで、結構普通に。したら、どう考えたって運転中になったら、「終わり……」ということはハッキリしている。そう考えるとメチャクチャ頭にくるな。被害者およびその遺族の気持ちになって考えると。

「何かウラミでも?」みたいなね。

これって、高齢者の事故と似ているところがあるんですよ。向こうは、免許は正式にクリアしているケースもある分、多少違うけど、しかし、ある程度自分で自分の状態に応じて自主的に運転を控えるとか何か考える必要は「免許を受けている者」としても「大人」としてもあるでしょう。

逆に、考えられないようなら、免許はやれないんじゃないのかな。そして、嘘ついて騙して免許を受けるなんざ、当然のことながらとんでもない。絶対にダメです。挙句事故るのは論外も論外。だから言ったじゃん的な。だから、免許やれないんだよ、と。完全に最悪だし、悪質。自覚しなければダメだ。

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

髙橋 則彦(このブログを書いている人)のプロフィールはこちら

関連記事1

感想をもらえるととても喜びますw(※ 相談とかでもOKですよ。)

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。