『生命保険のセールストークに気をつけろ!』まあ、自分の頭で考えない人は騙されるよね笑

   2017/10/19 

ZUU onlineにこんな見出しの記事が出ていたんですが、まあ、内容は、こう言われたら注意みたいなのが、ダーーっと出ていましたよ。

例えば、

(建前)「いい新商品が出ました。今までの保険よりずっとお得ですよ」
(本音)「契約転換をしてください。私にとっては得になります」

営業員は成績アップにつながって得、保険会社も利率が低い保険に変われば得。だが、契約者は99%損をする。とくに、利率が高い時代に加入した貯蓄タイプの保険は損が大きい。

とか、

(建前)「私が一生涯サポートします」
(本音)「私が勤めている間はサポートします」

国内保険会社の営業員は個人事業主で、しかも離職率が非常に高い。いつまで同じ営業員が担当してくれるやら……。

とかね。

他にもあったんですが、どれも同じような類のものです。

こういうので失敗をする人というのは、相手の発した「結論」のみで鵜呑みにして、頭で考えない人です。そういう人は基本的に騙されやすいんですよ。まあ、直ぐ鵜呑みにするわけですから、当たり前なんですけど……。

なので、疑うという意味じゃなくても、相手の言っている内容が自分の考え・好みに合うのかどうか考える意味で、「自分の頭で」考えてみる。検証してみる、というのが非常に重要です。そうしないと、何度も言いますが騙されやすくなります。

なので、逆に言うと、それをやっていれば騙されにくくなるし、ノウハウといいますか、頭の中の情報、経験も増えていきます。

で、考える時ですが、タダなんとなく根拠なく適当に考える人がいますが、ダメです。それは、あまり考えていることになりません。キチンと考える場合は、直感など感覚的なものと、論理的にの、両方考える必要があります。

それをやっていれば騙されにくくなりますね。

「私が一生涯サポートします」

とか言われても、

「ん、それは可能なんだろうか」

「実際、多くの人がそれを実践できているのだろうか」

「責任感のある人がこういうことを簡単に言うだろうか」

など、いろいろ考えるようになるので、判るんですよ。

保険の内容についてのものでも、具体的に考えてみる。あるいは他所と比較したり。データを見てみたり。そもそもこの人が言っていることは信用できるのか?そんなに必要か?自分はそうしたいのか?自分に聞いてみる。必要ならGoogleで調べてみる。

そして、結論しか言わないで、具体的な根拠を説明しない人は特に危険。そういう人には聞いてみると良いでしょう。「根拠は?」って。そこで、返ってきたものを、また考えてみる。直ぐに返ってこないようなら、合理的な根拠はないでしょう。予めキチンとした根拠に基づいた提案なら、そうなるはずがありません。直ぐ返せるはずです。

というわけで、騙されるのが嫌なら、根拠を確認したりするなどして、自分の頭で考えることが必要。

そう、結構様々な有識者の人もよく言いますが、「考える」ってことが重要なんですよ。自分の頭で考え(当然必要な情報も収集する)、そして、自分で判断を下し、実行(行動)する。で、失敗したり上手く行ったりして結果に対して→経験(ノウハウ)が増える。その度にレベルが上がっていく、と。そういうわけです。

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

このブログを書いている人のプロフィールはこちら

関連記事

ありましたら感想を。

メールアドレスは公開されません。ので、その点は安心です。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。