一日限りのワンコイン保険みたいな自動車保険を見かけるが内容について注意すべきと思った点

  

前までは、あのペリカンのとこだけの感じだったけど、今では、何社かやっていますね。ワンコイン保険みたいな自動車保険。

一見便利だと思いますよ。顧客利便性という点で。

ただ、パンフレット眺めたこと有るんですけど、うーーーーん、と思うところがあったのを記憶しています。あの、当時もう、結構前になっちゃいますが、ペリカンのとこの人が、うちの事務所にチョイチョイ顔出してた時がありまして、その時にPRしていった時があったんですよ。こういうの出ました、と。

まあ、今は来ませんが。あんまり、「え」みたいな自分目線が過ぎるので、そう言ったんで、来なくなったんです。ダメですよね、頼みもしないのに勝手に来て、こちらが興味が有る話ではなく、逆に興味が無いような、単に自分が話したいだけのことを毎回ベラベラと喋って帰っていくようでは。その辺りが、いかにも保険会社っぽいな、と思うところでありますが。

 

さて、本題に行きましょうね。

で、この記事書くにあたって、何社かサイト見に行きました。したら、いずれも案の定そうで、予感的中だったわけです。

なので、今からその注意事項をトツトツと述べていきますね。

注意すべき点、それ即ち、2つあります。

・車と

・ケガ

です。

自動車保険の機能は主に3つ。少し細かく言うと4つです。

1 相手への賠償

2 自分の車の補償

3 自分などのケガ

で、「1」については、物と人があるので、それを2つとカウントすると、4つというわけです。

で、ザッと見た感じでは、「1」の賠償は問題ないようでした。特に普通。

しかし、2と3。これは、問題ありです。

ザックリ言うと、3のケガから言いますけど、あんま出ない感じでした。通常の自動車保険の一般的なレベルと比較した場合で考えると、ほとんど出ないような感じでしたよ。なので、注意です。

 

で、2の車。自分の方ですね。これね多分そうだろとか思っていたら、やっぱりありました、あの文言が。

何かと言うと、これです。

(略)~~運転中の事故。

つまり、あくまでも運転中だと考えられます。

従って、どういう心配があるのか。

当て逃げとか盗難。あと、運転をしていない時に、物が飛んできて傷とかね。

店にちょっとよって、

「どれいくかな~」

と思ったら、

「あらら」

「あららら!?」

となることは、割りとあること。

しかし、運転中ではない。

自腹……

という悲劇が。

借りた車なら尚更ウンザリ。だから、車検で代車借りる時とか聞くもんね。

それとですね、やはり、自分の方の車の補償ですが、「免責15万」とかの表示がみえました。もしも、そうだと、15万は自分持ちってことですから。相手がいる事故で過失相殺の関係で、大丈夫な場合はありますが、基本的には、自分持ち、と。

それから、プランによってはそもそも車の補償なし、というのもあるようですので、それだと、そもそも全く無いですね……。

 

なので、そういった事情を予め理解をして、それでもいいやと入っていれば、ショックも小さいでしょうけど、普通の自動車保険の感覚で入っていると痛い目にあいます。なので、呉れ呉れも利用する際は気をつけましょう。

だから、自分なら入らないですね。

もしも、そういう、うってつけな場面に出くわしても、普通の任意保険を必要な日数だけかけることを検討します。まあ、自分の場合は仕事でやっているので、普通の人よりは面倒じゃないということもありますが。

じゃなければ、レンタカーとかなら、金払って安心の状態で乗ります。やっていられませんよ、そんな自腹とか。

自分で任意保険をかける場合は、日割りで出来るケースなんかだといいですね。月割だと、一月分なので結構な価格になりますから。

いずれにしても、この点は抑えておいたほうがいいですよ。

 

あ、それと相手への賠償の方も注意点ありました。ちょっと細かいところですが。

この保険だと何かにつけて

運転中

が、基本のようです。運転中、運転中と文言が入っていますから。

普通の自動車保険だと、賠償の方は、

契約車両の所有、使用、管理に起因する賠償責任に対して

とか書いてあるんですよ。あるいは、パンフレットとかで見やすい表記の場合は、「など」が付いていたりします。運転中「など」、とか。

でも、この保険は、「など」も何もなく、単に「運転中」となっていたので、多分、細かい話ですが、車を止めて、出るときに隣の車にドアをぶつけたりするとでない可能性が高いです。

まあ、いずれにしてもなってから騒いでも遅いので、利用する場合は予め確認すべきでしょう。

 

ということで、確率的には低いかもしれませんが、それがいくつもあると、段々高くなりますし、低いからといって、ゼロではありません。利用の際には予め理解をしておきましょう。

 

というか、なんだか、そう考えると、自分は気が進みませんがね……笑

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

髙橋 則彦(このブログを書いている人)のプロフィールはこちら

関連記事

感想をもらえるととても喜びますw(※ 相談とかでもOKですよ。)

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。