『高市総務相の停波発言に波紋 与党にも慎重対応求める声』いや、記事読むとそんなに違和感感じないんですけど……。

   2016/12/19 

なんか高市総務相の国会での発言が波紋を呼んでいるそうですね。また、どうせロクに記事内容に目も通さず煽ったタイトルだけ見て騒いでいるのが大半何じゃないかと思うところ。自分も幾つか記事見たけど、別にそこまで違和感は感じなかった。

だって、この人は、電波とかを担当している役所の責任者なわけでしょ。したら、ああいうコメントは変じゃないでしょ。例えばこれ、

総務相、電波停止の可能性に言及 政治的公平性で – 共同通信 47NEWS

記事では、

高市早苗総務相は8日の衆院予算委員会で、放送局が「政治的に公平であること」と定めた放送法の違反を繰り返した場合、電波法に基づき電波停止を命じる可能性に言及した。

としていますが、そんな積極的にガンガンやっつけていくみたいな感じで言ったわけではなく、かなり控えめな感じで、「絶対にあり得ないことではない」というニュアンスなんですね。別にファンじゃありませんよ笑

そして、それは「何度もルール違反」を繰り返し、「全然改善されていかない」場合、と言っているわけで、当たり前過ぎませんかね。当たり前でしょ。逆に、責任者なのに、「いや、何もしませんけど。自由にやってください。違反もOKですwww」みたいな感じでは逆に困るわけで……。責任者なんだから、必要に応じて何か行動してよと。

で、実際の答弁がこれ。

「行政が何度要請しても、全く改善しない放送局に何の対応もしないとは約束できない。将来にわたり可能性が全くないとは言えない」

というわけで、やたら大げさに騒いでいる人がいるがあまり理解できない。

繰り返すが、そんなに違和感は感じないけど。そもそもテレビとか「特に信用していない」し。しかも、所管官庁の責任者として、ルールは守ってもらわないと困まる、と言っているに過ぎないと感じるが。

政治家は選挙があるが、テレビ局は選挙はないわけだし。

もし、テレビが止まってもネットも新聞も有る。

電波の関係なんだろうけど、テレビ局がいっぱい有ればいいんだろうけどね。そうしたら、今とは立場が変わって単なる1ユーチューバーと同じ立場になれば、こういう問題にはならない。だから、ネットで流せば簡単なんだよね。

ていうか、テレビなんていつも偏りまくりじゃん笑 もう選手交代の時期じゃないかな笑 新陳代謝がないから、こういう問題が出てくる。

朝日新聞もなんか書いてるけど、

高市総務相の停波発言に波紋 与党にも慎重対応求める声:朝日新聞デジタル

今回のように、電波について言及している大臣について書いてあるけど、

しかし、福田政権時の2007年、増田寛也総務相は答弁で「国民生活に必要な情報の提供が行われなくなり、表現の自由を制約する側面もあることから極めて大きな社会的影響をもたらす。慎重に判断してしかるべきだ」とした。電波停止に政府は慎重な対応が必要だと強調する内容。大臣の権限をあえて前面に出した高市氏の答弁とは趣がまったく違う。

「慎重に判断してしかるべき」って、そんなにニュアンス違いますかね。違うとは感じないなぁ。流石、朝日新聞……笑 単に縄張りを荒らされたくないから、牽制しているだけに見える……。

居心地の良い場所を失う可能性を感じてるのかも。電波オークションとか、オークションとかオークションとか……。

有期契約にして、その都度にすればいいよ。大統領とかもそうだけど、同じ人がずっとやっているのは、よろしく無くて、最長でも続けては2回までとかがいいと思います。ずっとやりたきゃネットでやれと。とにかく数増やせばいいんだよね。新陳代謝と。

 

あと、法の解釈についても書いてあったが、基本的には裁判所の判断の問題だから。なので、ウダウダ云ってないで、裁判所でやればいいことだよ。目障りな。

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

髙橋 則彦(このブログを書いている人)のプロフィールはこちら

関連記事

感想をもらえるととても喜びますw(※ 相談とかでもOKですよ。)

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。