『4K番組「録画禁止」を密室で決めていいのか』公取に文句言われちまえ笑笑笑

   2016/12/19 

今朝の一本目は(二本目があるのかは不明だけど…)こちら、

4K番組「録画禁止」を密室で決めていいのか | メディア業界 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

テレビ番組の映像が4Kとかになったときに、テレビ局は、「録画出来ないようにしちまえ」と考えている問題についてですね。

4K/8K放送の技術規格および運用ルールを話し合う業界団体「次世代放送推進フォーラム(NexTV-F)」では、4K以上の高精細放送において一切の録画を禁止する「コピーネバー(複製禁止)」機能の運用が検討されている。

こんな感じ。

それで、

この「コピーネバー」ですけど、これをやると、一切録画ができなくなるそうなんです。テレビの前でビデオカメラで撮るしか……笑  なので、それが見たけりゃ、見たい人が、その時間に、その番組に完全に合わせるしか無い、と。今時!?

ちなみにですが、この「コピーネバー」という機能については、過去には使用を禁じられていたのだそうです。が、それを、これを機に民放各局は可能にするべく動いている模様。以下引用。

この機能の運用に関して、無料放送や月極有料放送で使うことが過去に禁じられていたが、民放5局の要望によって運用を可能にしたいという提案が行われている。

というわけで、ネットの反応なんか見ても、実現しなそうな気はしていますが、もしかしたら、テレビ番組の録画が出来なくなる日が来るかもしれません。ただ、取り敢えずは全番組が一気に4Kになるわけではないようですが。しかし、でもいずれはスタンダードになるのでしょうねぇ……。

ただ、自分に関して言えばですね、そもそもテレビ見ない人ですから笑  最近、寝室に置いてあるテレビに、手持ちのハードディスク付けてみたら、なんか偶然使えちゃったんで、嬉しくて、ドキュメンタリーとかホント少しですけど、予約録画して、週に少し見ていますけど。なので、そのぐらいなので影響はほぼないんでね笑笑  別に他にも娯楽は沢山有るからいいです。

「お好きにどうぞ」

という感じでしか有りません笑笑笑

というか、ドンドン世間の人はテレビ離れが進んでいるという記事なんかをチョイチョイ見ますから、「あっそ」という感じの人は結構いるんじゃないかと。いつから、4Kやるのか知らないけど、かなり時代に逆行している、電波を「独占」しているとこならではの逆の発想だなぁと率直に感じるところ。こうやって、ドンドン廃れていくんだなぁ……。

普通は、そういう独占とかでやっているところではないところは、

「どうやって満足させるか」

「どんなのなら利用したくなるのか」

ということを必死で考えるわけです。それが、ユーザー目線の正統派のやり方。が、この発想だと、逆ですもんね。

いや、娯楽がテレビしか無い時代なら、逆でも何でも、見たい人はそれなりにいるでしょうから、その時間に見るでしょう。しかし、今は、いろいろあるわけじゃないですか。そしたら、逆にテレビ離れが進むだけだと、普通に思いますけどね。

テレビ局ってバカなんですかね?笑笑笑  やっぱり、テレビ局もオークションとか新陳代謝が必要だな。限られた公共の電波なんだから。

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

髙橋 則彦(このブログを書いている人)のプロフィールはこちら

関連記事1

感想をもらえるととても喜びますw(※ 相談とかでもOKですよ。)

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。