『「生活費が足りない」と隔月10万円を無心する息子44歳』ニワトリと卵の話ではあるが、やらなければ、自分でどうにかするしかないわけだが……

  

【人生相談】「生活費が足りない」と隔月10万円を無心する息子44歳 アルバイトではなく定職に就けと何度も言っているのですが…(1/3ページ) – 産経ニュース

こういうの地味にあるんだろな……。人間は弱い生き物なので、必要に迫られないと、特に何か思いがなければ、今間に合っているので、行動しようという意思は「強く」は働かないからだろう。

この記事の人も44歳とか言ったが、いい年であろうがなかろうが関係はない。しかも、一度その状況に突入してしまうと、2回も3回も一緒になってしまい、そのままズルズルと言ってしまうのだろうと思うところ。

親は70だそうで。要するにこういう問題は、それぞれの意志の問題だから、本人がどうしたいのか。親はどうしたいのかに尽きる。親がどうにかしたいのなら、もうお金の面倒はみなければいい。

ニワトリと卵の話ではあるが、やらなければ、自分でどうにかするしかないのだから。しかも、ここは日本。どうしても難しければ生活保護もあるし。

あるいは、そこまでは、ということなら、予算が許すうちはやればいい。どうせ予算がなければやりようがないのだから。その時は、普通に予算が無くなった、と言えば良いだけ。

うーーーーん、1ミリも気持ちが解らないとまでは言わないまでも、解らない……。

嫌だなぁ自分なら。でも、一度そのスパイラルに入ったらなかなか抜け出せなそう。だって楽だもんね笑

なので、はじめが肝心で、ズルズルならないように、親としてはスべきだっただろう。じゃなければ、立ち直らせたいのなら、毎回厳しくチェックするとか。つまり、自立したくなるような、世話になりたくない、と思うようなことを必死に考えてやるべきだっただろう。

やっぱり、思うけどそういう生きる力って、出来るだけ早い(若い)うちにつけておかないと、厳しいね。若いと周りも面倒見てくれるけど、おっさんになると中々風当たり強いでしょ。

よっぽど歯をくいしばらないと、なかなかね。だと思う。うーーーーん、こういう感じの人とか、精神的に弱い人とか、要するに生きるチカラの弱い人をなんとかしたいな、とこの頃前よりも思うようになりました。

性格なんかも含めてその人、というところを考えると、生きていくのが大変な人ってやっぱりいると思うわけで。良く、「金がねーなら頭を。頭が使えないなら手を。」とか言うけど、どれも得意じゃない人はね……。そして、手が得意でも段々機械化されていくし。

やっぱり、ベーシックインカムとかしか(?)ないんでしょうかね。

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

このブログを書いている人のプロフィールはこちら

関連記事

ありましたら感想を。

メールアドレスは公開されません。ので、その点は安心です。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。