「たこ焼き」とか「お好み焼き」を焼きまくって判明したこと

   2016/12/19 

最近ハマっちゃいまして、たこ焼きやお好み焼きを焼きまくっております。

先日、たこ焼き粉1キロ購入してきたんですが、あっと言う間に使い切り、昨日追加購入してまいりました。

以前は、たこ焼きにしてもお好み焼きにしても結構手間暇がかかるイメージを持っていたので、そんな軽ーい感じでは、焼くことはほぼありませんでした。

が、近頃劇的にイメージが変化。

多分、普通の小麦粉ではなく、専用の粉を使っているのは大きいと思います。かなり楽に、美味しく焼くことが出来るので。しかも、1キロで300円とかで買えるし。かなり有難い。

袋に、混ぜるものの量も書いてありますしね。非常にやりやすいんです。

 

で、今回書きたいのは、そんなことよりも、いろいろやってみて判ったことであります。

これまでに結構いろいろな具を試してみましたが、判明したのは、

ほぼなんでも合う…

ということです。

さっきも焼きましたが(お好み焼き)、入れたのは、

・白菜

・焼いた竹輪

・人参

・しめじ

・紅しょうが

・長ねぎ

そんなもんですよ。仕上がりはとても良かったです。

たこ焼きでもやりましたが、キノコがいい感じなんですよ。フワッといい仕事をします。味がいい感じにでます。

 

で、なんかですね、味噌汁とか作る感覚なんですよね。

生地作って、具を適当に刻んで、混ぜて焼く。有るやつでね。

たこ焼きなら、生地を流し込んで、具を鍋に入れる感じで、焼器にバッと乗せる。

全然面倒くさくない。なんで前はあんなに面倒感が漂っていたのだろうか……。

だ、もんで、もうしょっちゅう焼いてます。

ちなみに、昨夜も。

先週末は何回焼いただろうか……

多分、今日もうあと1回か2回は焼くな。なんせ焼くのが楽しいので。村上春樹さんが何かで、カキフライ(お好きだそうで)を揚げるのと、小説を書くのは似ている、と言っていましたが、たこ焼きやお好み焼きも似ているかもしれません。それこそ無心で。まあ、お好み焼きは、焼き始めたあとは、タイマーをセットして放置ですが。(6分ずつです)

 

あと、最近で印象的なのは、たこ焼きの具を、鶏唐にしてみたんですが、これが、予想通り良かったです。

ウィンナーは結構普通すぎな感じでした。なので、悪くはなかったんですけど、……普通みたいな笑

あと、ピザ風もやりましたが、これも普通でインパクト然程なし。

 

あと、お好み焼きで思うのが、肉とか火が通りにくい系は、予めある程度焼くとか火を通しといてから混ぜ込んで一緒に焼くといいです。

これチャーハンとか野菜炒めの時とかそうなんですよね。炒めものは強火が基本ですが、肉とか、いきなり強火でガンガンやると固くなるし、旨味も飛んじゃうので、肉は、優しく適度な火でやっといて別にしておいて、後で、野菜とか(チャーハンならご飯モロモロ)強火で炒めた後に最後に混ぜ込むみたいなノウハウに似ています。

では、やってみてくださーい。

 

これ、マジでいいです。使いやすい。

B0098HKKL0
イワタニ フッ素加工 たこ焼きプレート CB-P-TAF

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

髙橋 則彦(このブログを書いている人)のプロフィールはこちら

関連記事

感想をもらえるととても喜びますw(※ 相談とかでもOKですよ。)

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。