マイナス金利の影響で住宅ローンは借換チャンス!!

  

マイナス金利の影響で住宅ローンなどの借り換えのチャンスが到来しています。

先日、ニュースでも見ましたが早くも借り換えの動きが出てきているようですね。かなり極端なケースでしょうが、総額で1千万近く差がでた人もいました。

そして、住宅ローンを比較するなら、

住宅ローン 約20社から比較・シミュレーション – 価格.com

あたりを取り敢えず見てみると良いでしょう。便利。

 

で、先日ちょっと変動型について調べたので、その時判ったことを書きますね。

「一般論」として、変動型と言っても、

・しょっちゅう返済額が変わるわけではないこと

・年に2回金利の見直しが行われる

・5年に一度月の返済額の見直しが行われる

・その際には、最大でも上限は25%増まで

・下限は特に無し

・なので、ケースによってはローンの満了時点で残高が残ってしまう可能性も

・その場合、原則は一括返済だが、実際は分割に応じてもらえるケースも……

という感じです。ない人からは、そう簡単には取れませんしね。

 

なので、考えてみると、初めの5年は返済額変わらないってことなんですよね。で、さらに5年も、変わっても最大で2割5分とか。なので、そんなにメチャメチャな感じにはならないんですよね。

まあ、その後もある意味順調に上がって行く可能性はありますが、でも、そんなにガンガン行くのなら、物価とか給料も普通はね。上がって行くでしょ。

なので、変動型も悪く無いかなーと。

 

あと、金利の点では、返済額が5年間は固定されるが、金利自体の見直しは半年に一度。従って、返済額のうち、利息と元金に充当される内訳は半年ごとに変わることになります。

なので、幸運にも下がっていけば、元金はより減っていきますし、逆なら、利息の割合が増えるので、元金の減りは悪くなる、ということに。

なので、先に述べた、満了時に残高が残る可能性がある、とはそういうことです。

 

で、かくいう自分も住宅ローン持ち。早く終わりたいんですが……。借り換えすると、結構メリットが期待できるんですが、自営業なので、会社員の人よりちょっと面倒なんですよね。

審査も会社員よりも厳し目。

しかも、手続きも面倒。メリットがあるのは理解をしていますが、結構面倒なので、モチベーションがなかなか上がらない……。

最近では、ネットだけで完結する住宅ローンも出てきているので、その気になったら申し込んでみようかと思います。業界初らしいですが、auのやつ。

住宅ローン | じぶん銀行

『KDDI、生命保険や損害保険、住宅ローンなど金融サービスを提供開始』内容見て結構驚いた

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

このブログを書いている人のプロフィールはこちら

関連記事

ありましたら感想を。

メールアドレスは公開されません。ので、その点は安心です。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。