『生命保険「アカウント型」はデメリットが大きい?』あまりいいことはないね

   2016/12/19 

生命保険「アカウント型」はデメリットが大きい? | ZUU online

2000年以降、生保各社は「アカウント型保険」の販売に力を入れてきた。しかし、最近になって「アカウント型保険」から、定期付終身保険に回帰する動きが見られる。その背景には何があるのか。

アカウント型とか久々に聞いた笑 そして、この記事をざっと読む限り、アカウント型と定期付終身は区別されているらしい。

そもそもの厳密な定義があるのか無いのかすらわからないが……。広義には、定期付終身もアカウント型に含まれるのではないかと……。

さて、そんなことはどうでもいいが、今の主流はもう大分前から、保障ごとを別々に契約する方式だろう。というか、アカウント型なんて、国内大手社しかやっていないだろうけど。ただ、ニッセイは、単品方式に切り替わったとも聞くが、実際のところはどの程度なのか。

ただ、実際上はどうかというと、契約の手続きは、バラバラの契約じゃないほうが楽ではある。あと、記事でも指摘している判りにくくなる点については、丁寧に説明をすれば、そう問題でもないような気もする。それを言えば、バラバラの契約であっても、本質的には同じ。丁寧に説明をし、理解をしていれば、どちらもそう変わらないだろう。

実際、バラバラの契約であっても、例えば終身保険単体であれば、それなりの貯蓄性があっても、入っている側として、総合的に見れば、他に掛け捨ての保険に入っていれば入っているほど、貯蓄となる割合はグッと低くなるのだから。

 

それから、更新型だと、高くなっていくというのも、これはバラバラの契約であっても定期契約なら更新型になるので同じ。

なので、違う点といえば、保険会社によっても違うが、

・定期型であっても変換で無診査で終身に変えることが出来る、とか

・それぞれが独立した契約なので、不要なものだけやめることができる

などである。これは融通が利くのでいい。

対して、通常のアカウント型等は、あくまで一契約なので、特約部分は通常やめることができるが、主契約部分だけをやめることはできない。つまり、そこをやめてしまうと、他もやめることになってしまうのだ。

なので、まあ、極端な話、主契約部分を減額して、保障を限りなくゼロに近くできるのなら、その問題もほぼ解消される。が、国内大手の場合、そこがあまり融通が利かなかったりする。

なので、全然いらないのに、死亡1,000万とか否応なく契約しなくてはならなかったりとなることがあるのだ。あれは、役所の関係もあるのかな。取扱規定だから、保険会社だけの問題なのかな。役所も関係していて、役所がOKしないので、出来ないのならしょうがない面があるが、そうじゃないのなら、単にそこの方針ということだからね。今度、機会があったら調べてみたいと思います。

なので、アカウント型とか定期付き終身とか一契約でやっていると、医療保険の部分だけ残したいとかってことが出来ません。主契約が医療保険なら別だけど。

 

うーーーーん、でもバラバラだと、証券何枚もなるのは正直ウザい。住所変更とかもいっぺんに出来るのはできるが、別々ではあるからね。年末の控除証明書も何枚も来るし。

まあ、なので、基本的には融通が効いて、契約の利便性が高いのは、バラバラの方なので、契約事務が多いとか、証券が、とか言うような点は、保険会社の工夫次第でどうにでも出来るのではないかと思うので、そのうちそうなると思います。

 

とうわけで、保険料も割高だし、融通もきかないので、国内大手社(しかやってないと思うけど)のアカウント型みたいなやつは、オススメしません。いいことはほとんどないです。

まあ、国内大手社=みたいな感じだと思われるので、そこに頼まなきゃいい話だけど……。

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

髙橋 則彦(このブログを書いている人)のプロフィールはこちら

関連記事1

感想をもらえるととても喜びますw(※ 相談とかでもOKですよ。)

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。