『Googleの自動運転車、初の過失事故を報告(負傷者はなし)』全員とは言わないが、今の時点でも高齢者が運転するよりマシだな、ホントひどいのあるから

   2016/03/02 

Googleの自動運転車、初の過失事故を報告(負傷者はなし) – ITmedia ニュース

Googleの自動運転車(レクサスモデル)が自動運転モードで初の過失事故を起こしていたことが陸運当局への報告書で明らかになった。大型バスの運転手とのお互いの“だろう運転”が原因だ。

ふむふむ、なんでもこれまでは、Googleの自動運転車は、もらい事故こそあったけど、自動運転モード中の過失事故を起こしたことはなかったんだそうです。

そして、こういうの「だろう運転」というんですね。なるほど。「◯◯だろう……」というようなやつか。危ないパターンだな。取り敢えずクラクション鳴らすなりするとかすれば大分違うのだが……。

で、今回の事故は、記事を読むと、事情により道路脇から道路中央によろうとしたら、後ろから来たバスにひかれたみたいな感じのようです。細かい詳細は不明だけど。お互いに出てこないだろう、止まるだろうみたいに考えていたよう。

この経験を基に今後さらに素晴らしいものとなっていくことでしょう。素晴らしい。そういう意味では、ある意味、こういうちょっとした事故で、そういう改善の機会が得られたわけだから、今後のためにはかなり良かったケースだろう。

 

というか、もう自分の感覚では完全に実用レベルと言っていいぐらいな気が。なぜなら、日本のことにはなるが、昨今の高齢ドライバー、ホントハンパないから。やばそうな人いっぱい走っているもの。

実際に担当する事故でも、昨今著しさを感じる。加えて、ニュースでもすごいやつがズラリ。

一部紹介すると、

『81歳の軽乗用車逆走、接触や衝突』もうそろそろ限界、政府の出番じゃないか

例えば、この辺とか。2時間高速逆走って凄くないですか?

あと、これとか、

軽トラが突っ込み9人重軽傷 大津市のドラッグストア

買い物行ったら、駐車場で暴走車両とか、シャレンなんないですよ。そこの店行きたくなくなる。そういう点では、店としても困ったもの。故意じゃないと、業務妨害罪とかにはならないんだろうけど、迷惑だろうね。

というわけで、激しいやつを日増しに見かけるようになってきました。

なので、まだ完璧ではなくても、こういうニュース見ていると、人間が運転するよりも相当にマシと思えるので、取り敢えず、ある程度の年齢のドライバーには、自動運転車限定とかに早くした方がいいと思います。どう考えても……。

まだ、完全自動運転みたいなのは、国内では発売も認可もしていないのでしょうけど、逆に早くした方がいいかと。最低でも自動ブレーキだな。でも2時間も逆走するような人には、そもそもブレーキとかの問題じゃないからな……。

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

髙橋 則彦(このブログを書いている人)のプロフィールはこちら

関連記事1