一番入る意味がありそうなのはアノ保険

   2017/10/19 

はじめに

今回は、様々ある保険の中で一番意味がありそうな保険について、(もちろん)本音で語ってみたいと思います。

 

一番入る意味がありそうな保険

さて、今時はみなさんせっかちで、そんなに待てないと思うので、それではいきなり結論から。

はいっ、それでは、わたしが一番意味があると思うのは、

自動車保険(任意保険)です!!!!!

 

理由

一つ目の理由

一つ目の理由は、示談交渉の問題ですね。

ここは本来、保険の機能ではありませんが、今となっては一般的になっていますね。

実にその何割でしたか。

え~とですね、たしか前に見たデータによると9割以上だったと思いますが、そのほとんどが、保険会社経由で示談、解決となっているわけです。

そういったことを飯のタネにしている職業の方々にとってはたまったものではないでしょうね。(笑)

さて、そんなわけなんで加入する価値があると考える理由の一つ目は、この示談交渉があるからという点です。

相手があることだと何かと大変ですからね。

 

二番目

二番目が、やはり、事故の確率が高目ですし、最近では特にですが、修理代が高騰して来ています。そういう意味でも入っておかないと面倒なことになるでしょう。

 

保険制度について

で、ここで触れておきたいことですが、保険の制度仕組みについてです。

これまでも他のエントリーでちょいちょい触れていますが、保険の仕組みは、みんなでお金を出し合って、で、みんなして事故るということは可能性として相当低いので、要するに、いざというときに少しの人がお金を使わせてもらいましょうと、それで成り立っている制度なんですね。

なんか税の仕組みにも似ていますが。

 

保険料の決まり方

で、保険料は、基本的に集まった保険料(料金)と、支払った保険金のバランスで決まります。

なので、それなりに保険金の支払いが多ければ、それなりの保険料になってくるわけなのです。(つまり、高くなっていく)

そう考えると、自動車保険も示談交渉の点を除けば、結局それなりの保険料を払うことになり、運転が得意な人は、保険に入らない方が得かもしれないという考え方も成立しなくはないでしょう。(かなり極端ではありますが・・・)

 

自動車保険は今のところ基本割安!!!

しかし、自動車保険は毎年なんだかんだで各社値上げをしていますが、基本的にずーーーっと各社赤字経営をやってきたんですよ。つまり、全然儲かっていないどころか、赤字ですから、マイナスだったわけです。その保険については。

ということは、本来の適正な保険料ではなく、言い換えると、

安い保険料で入れている!!!

と言えるのです。

 

最後に

というわけで、保険本来の機能以外のところについて、示談交渉の問題、今の事故の現状に対して、今のところ割安な保険料であるという点で、どこかの割高な生命保険とは違うわけですから、入る価値はあるというわけです。

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

このブログを書いている人のプロフィールはこちら

関連記事

ありましたら感想を。

メールアドレスは公開されません。ので、その点は安心です。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。