自動車保険を使うべきかどうか、どう考えればいいのか?

  

ブログ経由で、自動車保険の事故後の相談がありました。いろいろとお困りのようでしたので、アドバイスをしましたが、その中で、自分も責任を負わなければならない場合について、「保険を使うべきかどうかの判断をどうすればいいか?」というようなものもありました。今回は、その辺りについて記事にしてみます。

数字に強い人は、自然とわかるのでしょうけどね。

 

さて、自動車保険を使った場合は、普通は次回更新の時に保険料が高くなるのが通常ですね。

どう判断すればいいか。

簡単です、使った場合の保険料使わなかった場合の保険料の「差額」がいくらなのかをはっきりさせれば良いのです。

これは、保険会社に依頼してください。担当の代理店でもいいです。

そうすると、あくまで将来のことは普通は確定していないので、「概算」という形にはなりますが、判ります。で、注意しなければならないのが、担当者が気が利かない人だと、次回の保険料がいくらになります(概算)、しか言わない可能性があります。

しかし、1年契約の場合だと、3年は高くなるのが通常なので、3年間の差額トータルを出してもらいましょう。

 

続いて、自分の負担額。これは、自分の修理代だけではなく、相手への賠償額もですので、その合計を。

そして、それぞれが判明したら、シミュレーション結果の、保険料の増加トータルと、自分の負担額のトータルを比較して、自分の負担額のトータルの方が大きい場合には、保険で対応したほうが基本的には得ということに。

それよりも、低い場合は、できるだけ自腹で払ったほうが損をしないで済みます。

 

ですから、例えば、

・保険料の増加トータル:10万円

・自分の負担額のトータル:20万円

なら、保険でやった方が得ですが、

・保険料の増加トータル:15万円

・自分の負担額のトータル:8万円

とかであれば、基本的には、自腹で払ったほうが得ということになるわけです。

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

このブログを書いている人のプロフィールはこちら

関連記事

ありましたら感想を。

メールアドレスは公開されません。ので、その点は安心です。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。