事故ってみたら、大変事務的で話もろくに聞いてくれず、相手側の保険会社なのかと思うぐらいだったという話

   2017/10/19 

えっと、この頃受けたネット経由の相談の中で、ちょっと気の毒なものがありまして、ちょっと思うところがありましたので、少々書いておきます。同様の気の毒な人を生み出さないように、少しでも減るように、記事にしておきたいと思います。

 

当然プライバシーには配慮するわけですが、まずは、どんなケースだったのか。

これはですね、車で事故ったって話です。で、入っていたのはダイレクト系の損害保険会社。あのアルファベット三文字から始まるとこね。

ほんで、ポイントとしてはですね、短い言葉で言うと、

あんまり親身な感じじゃなかった

ようなんですね。というか全然みたいな。

親切とか、気が利くとか、良心的とか、そういった感じが無かったと。

むしろ、タイトルにもありますように、

相手の側の保険会社か???

と思うぐらいに、話を聞いてくれない、という話。なので、相談もしづらかったようです。

なので、具体的に想像するに、事故当時の話や、自分としての思い、希望、等々を言おうとしても、一方的に「いや、これはこうですから」みたいな感じで、リクエストに少しでも応えるべく行動する姿勢が、全くなかったということでしょう。

あるいは、どうしても難しいのなら、それならなぜ難しいのかという丁寧な理由の説明など、つまり、丁寧な対応ですよね。これが、全くと言っていいぐらいになかったと、そういうことだと思われます。要は、満足感があまりにもなさすぎたと。

 

だもんで、こういった事故の時は、普通は加入している保険会社や担当の保険代理店に相談をしながら進めていくのが通常なんですが、見ず知らずの自分の方へ相談が回ってきたんですね。

うーーーーん、気の毒に……。

まあ、でも、そんなに満足をさせてくれるレベルの人ばかりでは世の中有りませんし、そういう気自体ないような人もいますのでね。別にそれが普通だとか言う気は有りませんが、多い少ないで言えば、そんなに珍しいようなことでも無いようにも思うところです。

 

で、それについての自分の感想はですね。

糞最悪すぎ

ですね。いや、百円ぐらいのお菓子とか買ってんなら、次から買わなきゃいいだけなんで、どうってこと無いんですよ。しかし、交通事故のこういう自動車保険なんかの場合は、打合せして、コミュニケーションとりながら、進めていかないとですからね。言ったら、交通事故のために顧問弁護士を予め雇っているようなものなんでね、言葉があれですが、

そんな使えねー糞弁護士(保険会社)ならいらねーべ(怒)

、としか思わない、というのが自分の感想。

なので、これまでにも、

担当者選びが極めて重要(※ 保険代理店というか、実際に担当してくれる人)

であると、書いてきたわけで、自分も正にそれを昔から実践をしてきているところです。

まったくそうですよねこれ。何でも最終的には「信用」ですから。車の修理にしても、病院とかにしても他にも色々ありますが、そんな全てにおいて詳しい人になることなんて、時間的に不可能ですから、したら、いちいちその人の言ったことの裏とりなんてやっていられないわけです。

そしたら、信用できそうな人間に依頼してある程度は任せるしかない、ということになります。実際、なんか言われても本当かウソかなんて判らないですからね。信用するしかない。じゃないと、それだけで人生終わっちゃいます。

なので、

・ちゃんとやってくれそうな人に

・当然、必要に応じて相談できるような関係になれそうな

・ある程度コミュニケーション能力のある人に

頼むようにすべきです。相性とかも含めて。あと、一定レベルの知識や経験があることは当然の前提です。

まあ、こういったことっていうのは、

・能力的な部分

・人間性

・やる気

とかの部分なんかにもよりますけどね。

 

うーーーーん、そう考えると、ある程度交通事故に明るくて、自分主導でススメていけるような、アドバイスとか別にいらないような人が、ダイレクト系の損害保険会社に向くんだろうな。専任の担当者とかも別についてくれなくてもよくて。

なので、普通の人でそんな人は、基本いないと思うので、ある程度満足な対応をして欲しい人は、ちゃんと良さそうな、親切で丁寧で、知識や経験も豊富な人に頼むべきでしょう。

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

このブログを書いている人のプロフィールはこちら

関連記事

ありましたら感想を。

メールアドレスは公開されません。ので、その点は安心です。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。