相談を受けたのでアドバイスをしたら「え、保険を売ってメシを食ってるんですよね!?」 みたいに言われた件

   2016/12/19 

近頃受けた相談の時に、

「え、保険を売ってメシを食ってるんですよね!?」

みたいなことを言われた。

これはなぜかというと、自分のアドバイスというのは、とにかく

なるべく保険には入るな!勿体無い

という様な視点から語るからである。というか、そのままそっくり言う場合も普通にあります。(もちろん、そのままと言っても言葉の表現は丁寧な表現を使うわけですが笑)

保険の制度仕組みを考えれば、自分からすると当然すぎることなんですが、このように言われると、余程目先の利益追求に熱心な輩とばかり巡り合ってしまっているらしいことが考えられる。気の毒に。きっとハイエナのようなイメージが強いのかもしれない。

自分から言わせると、そんな入ること有りきの、入るための保険みたいに考えている連中というのは、相手の満足なんて言うのは、どうでもよく、とにかく金、金、金……にしか興味が無いのだろう。

全く理解が出来ない。子供の時から、余程金に対する強いトラウマになるような経験があるのだろうか……。

飲食店で言えば、客が満腹でもガンガン注文させるようなもの。しかもそれも客の自然な意思でやっていて、最悪お持ち帰り出来るようなものならいいだろうが、保険の場合で言えば、確率的、お持ち帰りできても、腐らせてしまって無駄になる可能性がとても高いものだ。

 

自分は、金はある種、極端なことを言えば、「ついで」だとか、「おまけ」みたいなものだと思っています。

じゃあ、何を提供して何を得ているのか?

すばり、

満足を提供した分自分も満足を得ている

わけです。

感謝されたり、喜ばれたり。そういうのが、快感なわけです。別にいい人ぶりたいわけでもなく。しかも別にそんなにいい人じゃないし。逆に、いい人でもないのにいい人ぶっているような人の方がタチが悪く厄介です。

だってそうですよね。無理して自然に逆らっていい人の振りをしているのですから。そしたら、時にストレスにもなるし、見返りも求めるようになる。

人ってみんな自己満足のためにやっているわけですよ、結局。基本なんでもね。そして、自分の満足のためにしか、エネルギーはでません。

なので、結果的に人の役に立つようなことをやり、実際に満足が提供され、喜ばれ、信頼されたとしても、基本的には自己満足。

既に書いたように、感謝されて嬉しい、とか。そういう自分が好きとか。

 

なので、歴史に名を残したような、人でも基本はそう。なんか、海外に行って、生涯にわたって医療活動に精を出した看護婦さんみたいな人とかいましたよね。

あの人だって、結局そういうはずです。なので逆に精力的に活動できた。人間の仕組みや習性ってそうなってるんですよ。

 

なので、その点を踏まえた上で、行動したほうが、毎日楽しく暮らせますし、人からも感謝されます。結果的に役にも立てます。それでいいんじゃないでしょうか。というか、それしかないというか、それがベストな効率的にもいい流れ。

なので、自分もそういう感じで行動しているだけです。なので、いい感じに結果を出したいとか、いい流れを作りたい人は、その辺の人間の仕組みを理解したうえで、それにあった行動をすべきです。

嫌なことを無理にやっているとストレスなだけで、それを始めた瞬間から最悪な人生が始まってしまうのです。毎日が嫌になる。つまらない。

なので、率直に毎日を、今のこの瞬間瞬間を楽しむために、いい気持ちにでいられるようやっているだけ。

毎日が楽しければ、昨日も一昨日もこの先もずっと楽しい時ばかり。要は、単に幸せ、を追求しているだけなんですよね。

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

髙橋 則彦(このブログを書いている人)のプロフィールはこちら

関連記事1

感想をもらえるととても喜びますw(※ 相談とかでもOKですよ。)

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。