保険料を下げたいのなら何かを手放さなければならない件

   2016/12/19 

何かを得るには何かを諦めなければならない。それは、時に、リスクを取ることにも繋がる。

良くあるケースが、保険料をもう少し安くなりませんか?というやつ。

いや、いくらでもなりますよ!補償を薄くするなどすれば・・・、と答える。

全くその通りで、それ以上でもそれ以下でもない。

良く、どこかいらないところはないですか?みたいにも聞かれたりする。

が、いやいやそれは、わたしが勝手に決められるところではないです、と。なぜなら、わたしの考えや価値観とあなたのそれが=とは限らないから。どの程度、補償が欲しいのかにもよるし。

損害保険の場合は、特に値段相当なので、下げるためには、内容を薄くするなどが基本的に必要となる。

で、考えや状況が大きく変わったとか、新規に契約をする、ということなら、内容を検討する意味はあると思うが、そうでもなければ、過去に散々検討をした結果今日に至るものなら、改めて検討をしても、ほぼ、「じゃあ、従来と同様でいいです」となる。

まあ、そうだよね、特別なケース以外では、必要と本人が最終的に判断をしているから、今の内容になっているのが普通なわけだから。なので、アレは、これはと質問をされたり、こちらから、こういう考えであれば、縮小するのは可能ですけど、いかがですか?と尋ねると、結局「うーーーーーん……」と歯切れが悪いもの。なので、結局現状のままみたいな。

まあ、それでも思っていることを私に言い、それで最終的には、結果的には現状のままであっても、それで気が済めば、不満というか、思いは満たされ、満足となるので。むしろ、結果的にどうなるとかよりも、満足するための手続きという意味では、大いに意味は有るし、重要ではある。

さておき、そういうことなので、思っていることがあれば、ドンドン言ってみるべきであるが、何かを得るためには、何かを、手放す、諦める、リスクをとる、ということは通常避けられないし、必要となる。付いて回る、という言い方もあるな。

リスクのないところにはリターンはない、ということがよく言われるが、これはこういう小さな点でもそう。

なので、本の少しの可能性でも万全にしておきたいという人は、高いコストを払わざるを得なくなる。なので、判断する際には、適当な思い込みではなく、具体的に考えるべきだ。

つまり、それをやめることでのデメリットは何か、と。それはどの程度なのか、と。その結果、自分でどうにかできるようなものなら、そんなに深刻なレベルの問題ではない。

あとは、その時に自分でどうにかする覚悟をしておけばいい。自分でどうにかしなければ、行けない前提で考え、心構えを作っとけば、その時が来ても驚くことはないし、ただ、予定通りというだけ。

なので、それが出来ないという人は、保険料が高くなる傾向になることは必然ですので、諦めましょうwww

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

髙橋 則彦(このブログを書いている人)のプロフィールはこちら

関連記事

感想をもらえるととても喜びますw(※ 相談とかでもOKですよ。)

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。