地震保険には絶対に入っておくべきなのか?昨今の大型地震に考える

   2016/12/19 

今日も引き続き地震ネタを書きます。

やっぱり、こういう大きな地震災害があったあとなので、保険なんかに関するニュースとかをチェックしていますと、「地震保険」という文字の入ったタイトルのニュースが多いですね。

そして、やはり、

入っておくべきなのか?

系のものが必ずと言っていいほど出てくるもの。まあ、そうでしょうね。

そこで本日は、その辺りについて、感情論ではなく、冷静で論理的な話をしていきたいと思います。

こういう時に、根拠なくただただ不安を煽ったりだとか、結果に対して、ああだこうだとだけ言うような人の話は、聞いてもしょうがないです。それは、結果論ですから。なことは誰でも言えるし、言ってもしょうがない。その時のことはその時になって見ないと判らないので。誰にも。

 

さて、それでは行きましょう。

ずばり、「入っておくべきなのか?」について。

結論

入っておかないことには、どうしても困る、という人は入りましょう。もちろん、予算がある場合ですが。無ければ、払いようがないので、別な手を考えるしか有りません。なので、それ以外は、好みです。

理由

どうしても、保険は賭けの要素が強いですから、必ずしも正解はないんです。じゃあ、どう考えるべきなのかというと、

バカと道具は使いよう

と、昔から言いますね。これは、保険もそうで、使うなら賢く使うべきなんです。じゃないと、過剰にコスト負担をすることになり、昨日あたりも、その辺で見かけましたが、金は払いたくないけど、リスクも取りたくない……しかし、情報収集をして、リスクの精査もしたくない……なので、仕方なく予算的に厳しいけど保険料払いますみたいな人……。それで暗~い顔しているわけですからね……。

微妙だなぁ……。でも、上手くやらないとこういう風になるんですよ。まあ、見栄をはらずに、詳しい人に相談してアドバイスをしてもらえばいいんですが、それもプライドが許さない……。実に厄介な生き物ですねぇ。くだらない見栄やプライドと引き換えに、人生を幸福に生きることを失ってしまっているわけですから。

あ、失礼、ちょい脱線。

保険のメリットは、

少額のお金で、直ぐに大きな補償を準備できること

ですから、それが、どうしても必要な場合にそうすれば良いのです。あとは賭けです。なので、例えば、確率低くて、リスクも小さいなら、そこに賭けるというのも一つ。

逆に言えば、それらが小さければ小さいほど、地震保険に入らない、あるいは、少しだけ入る、という選択がしやすくなります。

そうですよね、例えば、家は、賃貸、家財と言っても、スマホと、あと少しぐらいで、ろくになければ、大きな地震がこようとも別に関係ありません。逆に、家は持ち家で、ローンもバリバリあって、家財もみっちりあり、どれも諦めることはできないもの、だったら、保険沢山(といっても限度額はあるが)入るしかなくなるでしょう。

そういう点では、損な賭けという要素が強い「保険」を出来るだけ入らなくて済むようにするためには、その辺の状況をそういう感じにしておくことがポイントとなるのです。

あとは、賭け、です。

なので、全く無しというのも極端なので、最終的には、どの程度やるか検討するのが現実的でしょう。ある程度精査して入れば、そんな騒ぐほどの額ではないですからね。

取り敢えず、重要な事は、保険に入る、入らない、の話ではなく、

もしも、そうなった時にどう対処するのか

について予め想定し、考えておくことですよ。

その上で、どうしても保険を活用したい(保険で備えるのがベスト)、となればそうすればいいと。そうしなくても済む感じなら、別にいいじゃないですか。そんな損な賭けに混ざらなくても笑

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

髙橋 則彦(このブログを書いている人)のプロフィールはこちら

関連記事

感想をもらえるととても喜びますw(※ 相談とかでもOKですよ。)

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。