どの程度までなら、リスクが取れるか、というのが判断できないと、やたらと保険に入りまくらなければならなくなる件

   2016/12/19 

先日、保険のアドバイスをしていて改めて思ったのが、今も昔も情報戦、ということ。かなり当たり前すぎることなのだが、実際に感じた場面があったので。

情報弱者はカモられるし、高いコストを払わざるを得なくもなる。

ちょっと保険の場合で考えてみよう。

世の中というのは、一方を立てればもう一方が立たない、という構図です。

なので、裏と表、もしくは、常にセットという言い方もあるでしょう。

なので、保険に入る場合も、どの程度までなら、リスクが取れるか、というのが判断できないと、やたらと保険に入りまくらなければならなくなり、楽しむための人生なのか、保険に入りまくることで使える金が無くなり、全然楽しめない、「保険に入るための人生」なのか、よく解らないことになってしまう可能性が少なく有りません。

実際に、これまでそういう人を幾人も見てきました。そういう人の特徴として言えるのは、

自分の頭で考えようとしない

という点があります。あと、情報収集もしないし、なので、当然深く理解を掘り下げようともしない、と。要は、その点について言えば、

情弱

なんですね。まあ、人の勝手なんですが、言いたのは、だったら、高いコストを払わざるをえないことや、騙されやすくなることも、予め想定内のはずです。

なので、それなら、いちいち、その辺りについて、がっかりせず、予定通りという態度をとってほしいものです。

 

だって、そうですよね、自分の選択の結果なわけですから。

当然の結果なんですよ。

たしかに、頭を使うのが好きな人、嫌いな人と分かれることは事実でしょう。が、嫌いなら嫌いで、がっかりしたくないのなら、それを補うべく信頼できる人が必要です。

まあ、でも全く任せきり、というか、放ったらかしでは、変なことになる可能性は普通にあるので、最低限の理解は必要でしょうが……。

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

髙橋 則彦(このブログを書いている人)のプロフィールはこちら

関連記事1

感想をもらえるととても喜びますw(※ 相談とかでもOKですよ。)

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。