安い生保会社は安かろう悪かろうなのか?

   2016/12/19 

先日、このような質問に答えたことがあったので、折角だから共有しておきたい。他にも興味を持っているユーザーが居ると思うので。

 

さて、今回は生命保険会社について。

実際、どうなんでしょうね。現在この日本では、昔からの大手生保も有れば、損害保険系列の生保会社、外資系といろいろなところが、ある。

そうした中で、ユーザとして、タイトルのような疑問を抱くのは自然といえるだろう。たしかに、昔から所謂、

安かろう悪かろう

という傾向には世の中にはある。

では、生命保険については実際どうなのか、具体的に書いていきたい。

 

で、所謂ダイレクト型に該当するような保険会社もあるが、それは、そもそも仕組みというか、通常の保険会社の提供するされとは、ちょっと違うので、そこは、今回は含めないで書く。

ただ、断っておくと、以前自分が調べたところでは、大して、ダイレクト型だからと言って安いわけでもなかったことだけは、行っておきたい。

生命保険の保険料比較情報を見たら、一番上と下の差がものすごかった件

では、いきなり結論から。

別に安かろう悪かろうではありません

理由を言いましょう。

当然の前提として、同等の内容で、比較した場合の話ですが、例えば、死亡保険一つとっても、安いとこが何故安いんかって話をすれば、それだけ、

効率的に運営されているから、

に他なりません。

実際に、自分のとこでも国内大手と、損保系の生保と取引があるので、いろいろ試算をしてみたことがありますが、すごい値段の差がありました。

それでも、まだ儲けが多いなんて指摘もありますが……。

で、言えることは、安いとこは、診査が厳しいです。もしくは、他が診査が緩い。

タバコ吸わない人の料金とかもあったりするし。

 

つまり、解りやすい例で言うと、銀行とか金貸しの商売がありますね。

銀行と信販会社では当然、利息が違う。

銀行ってところは、基本的に、確実に回収できそうな人にしか貸さない。担保も十分に取るし。

なので、安い金利で貸せるわけです。

で、まず銀行がそういう人たちに安い金利で貸しちゃう。

次に、信用金庫あたりが、もう少し、高い金利で、銀行が貸さないような人に貸すと。

ほんで、信販会社とかが、さらに高い金利で、銀行も信金も貸さないような人に貸す。車のローンとかね。すごい高いですよねwww

という感じに世の中というところはなっているわけです。

 

なので、保険だって大して変わらない。

自分方でも、安い保険会社は厳しいですもの。一方で高いほうだと、緩い。そうそう断られないイメージ。もちろん条件は付いたりもするけど。なので、一方でダメで、もう一方で大丈夫とゆうこともある。

なので、別に安い保険会社だと、保険金の支払いが心配とか、免責事項がやたら多いとかではないんです。

しかも、生命保険契約者保護機構もあるし。

逆に、財務状況は、そういうところの方が良いぐらいですよ。

 

さらに、具体的なことを。

冒頭、生保の種類について、大まかに書きました。

・大手

・損保系

・外資

と。

ハッキリ言って、特に高いのが、大手なんですわ。あとは、そんなに差はない。多分概ね損保系のほうが安い。

なので、品物同じなら、信頼できる人から、安い保険会社の商品に入るのがいいですよ、なんつっても。

別にその分、何かあるわけじゃ普通はないですよ、ということで。

特に、タバコ吸わない人は、安く入れるメニューが用意されていたりするので、それを使わない手はないです。全然違いますから。

 

これまで何度も書いてきましたが、毎月ずっと払うものなんですから、細かい金額のところに神経質になるぐらいなら、こういうところをキッチリやっていきましょう。一度ちゃんとやれば、毎月利益が出ます。

特に、意味不明なのが、電気の付けっぱなしとか、野菜の少しの価格とか、気にする人ね。

電気、大したことないから笑 全っ然。どうしても、気になるなら、随時LEDにしましょう。

なので、そんななら、生保とかでガバッとやった方が全然いいですよww

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

髙橋 則彦(このブログを書いている人)のプロフィールはこちら

関連記事

感想をもらえるととても喜びますw(※ 相談とかでもOKですよ。)

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。