ライフネット生命で就業不能保険をリニューアル・しかしながら保険は賢く使わないことには微妙なことになるから注意。。。。

   2016/12/19 

ライフネット生命で就業不能保険をリニューアルしたようです。

ライフネット生命保険 就業不能保険の新商品発売のお知らせ|ライフネット生命保険株式会社のプレスリリース
これは、要するに所得補償ですね。損害保険会社にも昔からそういうのがありますが、もしも働けなくなったりしたら、保険金が貰えると。なので、給料の生活費のためのものなので、正に生きるための保険と言えましょう。

なので、死んでなんぼのものとは違うんです。

こういうのって結構良いと思いますよ。なので、あとは値段ね。

で、気をつけたいのは、日々仕事をやっていますとね、リスクはとりたくない、情報収集、情報の精査もできない、なので、リスクが有れば取り敢えず保険にちゃんと入っておく、みたいな人がいます。

そうすると当然の事ながら何でもかんでも入らざるを得なくなります。なので、そういうリスクへの準備コストが高コスト体質になる。

そりゃそうですよね。無難に無難に行くわけですから。なので、自由に使える金が少なくなる、と。なので、結構嘆いているわけですよ、そういう類の人たちは。

しかし、これじゃー保険を提供している側としては、不本意だと思うわけですね。そりゃ、「そんなの関係ねぇ」な人もいるでしょう。儲かりゃいいと。

でもある程度普通にどうせなら役に立って、人を幸せにする、幸せに貢献する、という考えがある人であれば、不本意なはずなんです。

なので、やはり、そういうことにならないように、利用するにしてもしなければならないと思います。

で、やっぱり、財産が有ればあるほど、こういう保険の費用負担が増えるんですね。あと、生活費が沢山ないと暮らしていけないとか。

なので、それらが逆であれば、あんまり保険に入る必要性が減るんで、自分なんかはそういう方向が望ましと考えています。理想は、自分の収入ゼロでも差し支えない生活設計が良いと思っています。

借金ゼロで、生活費も少なくて大丈夫、と。相当少ない。そしたら何しても生きていけるわけじゃないですか。最悪生活保護でもいいですよ。やむを得ない場合は。

そういう感じなら、つまらない費用に収入が消えていく割合というのが相当少なくなりますから、テンションが上がることばかりに。あるいは、それこそ、上がること「だけ」にお金を使うことができるので、幸福を達成しやすくなるんじゃないでしょうか。

というわけで、みなさん、できるだけいつも幸福な時間を過ごしていたいのなら、できるだけこういう保険には入らなくて済むにはどうしたらいいか?を考えながら、判断、選択をされて人生をやられるといいでしょう。

いや、ホントですよ。そんなに保険の世話に、保険に入っておかないことには成り立たない、マズイ人生というのは微妙ですよ。保険は仕組み的に、

割に合わない損な賭け

という要素が非常に強いわけですから、そういうわけなんです。使うなら出来るだけ最低限にして、賢く使わないと、不幸なことになりますので。

 

今朝ほど、この本を読破しました。全4巻なので、毎日1巻ずつ計4日で読み終えました。とても良かった。なので自分にしてはあまりない、

★★★★☆(4)

を付けました。

大まかな内容は、自分はあまり詳しくないですけど、所謂「外務省機密漏洩事件」のやつのようです。国の外交の取材に絡んで新聞記者が逮捕されます。例の沖縄返還問題の件ですね。外務省の職員から情報をとったわけですが、これがそそのかしにあたるとして、国家公務員法違反でやられるわけです。

当然当該職員も逮捕。で、裁判とかやって……、みたいな内容。あんまり書くとアレなんで、この辺で。とても良かったんで週末のお供にどうぞ。まあ、天気は良いようですが(こっちは)……。やっぱり長編だとその世界にどっぷりと浸りやすいですね。すっかり入り込んでしまいました。頭のなかがすっかりそれ。大変おすすめです。

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

このブログを書いている人のプロフィールはこちら

関連記事

ありましたら感想を。

メールアドレスは公開されません。ので、その点は安心です。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。