LINE Payカードが便利すぎてもう手放せない件

   2016/12/19 

LINE Payカードを手に入れてから一月とちょっと経過しました。実は、先日の、

「損害保険トータルプランナー 髙橋 則彦のちょっと使えそうな話 平成28年5月号(56)」

でも少し紹介しているのですが、相当いいので、単独で紹介してみます。

LINE Payカードとは?

まずここからですね。

LINEでやっている、サービスなんですけど、チャージ式の買い物とかに使えるカードです。他の電子マネーやクレジットカードとの違いはというと、

・JCBなので使えるところが多い

・チャージ式なので管理がしやすい

・チャージ方法がコンビニや口座など色々選べて便利

と言った感じです。

特に、コンビニでチャージできるのは手軽だし、利用するための敷居をかなり下げていますね。これにより、多くの人が選択肢に入れやすくなるものと思われます。

あとは、ポイントも付きます。還元率が2%なので、かなり高水準ですね。ちなみに「高水準」という説明を見まして、実際どうなんだろう?と思い、色々と見に行きました。そしたら、その通りでした。他は、その半分とか、1/4とかだったり。単純に2%というのはなかなか。

しかも、繰り返しになりますが、使えるところが多いんですよ!JCBなんで。コンビニ、飲食店、Amazon、もういろいろ使えます。ということは、その2%を獲得しやすい、ということになります。

自分は本来そんなにポイント男(?)でもないんですよ。面倒くさいですから……。

が、しかしあるに越したことはないわけです。しかし、そこには条件が。

面倒くさくないこと笑

です。面倒臭くてはストレスになりますから、ダメなんですよ。

が、しかし、こちらは面倒くさくない。単にチャージしたら普通に買い物するだけです。使えるところも多いし。その点が他の電子マネーとはかなり違う点です。

あと、管理がしやすいのも◯。使うと、直ぐにLINEが届きます、使いました、と。あと、残高もスマホで見れます。もちろん、履歴も。そこは、クレジットカードよりも使いやすいところ。

もう、小銭のやり取りとかが不要になって、逆にレジでモタモタしているのを見ると違和感を感じるぐらいになりました。

あと、LINE Payは、送金も簡単に出来ますし、現金化も出来ます。

完全に銀行です。

とても便利な銀行。

なので、逆に言えば、銀行もこういう使いやすいアプリとカードがあれば同じなんですけどね。もちろん、チャージ環境も整えて。

遅かったな銀行。。。こうやって、淘汰されていくんだな。。。。

たぶん、子供のお小遣いやらお年玉なんかもいずれLINE Payでやることになると思います。

さらに詳しい詳細は、こちらをどうぞ。

画面下のQRコードから簡単に申し込めるようですし。もちろん、LINE開いて、右上「・・・」→真中辺「LINE Pay」とかからでもできますが。

あ、肝心なことを忘れてた。とても重要なポイントでした……。

カード発行は、

・無料

・年会費も無料

・審査もなし

なので、子供とかが持つにも良いんですよ。子供でも自分のLINE Payカードでもって、ネットショッピングなんかもできてしまう。自分が子供だったら夢の様なカード。ポイントも嬉しいですね。バカにできない。自分は既に1,000ポイント近くになりました。1,000ポイント行くと、LINE Payに交換して、1,000円分買い物ができますwww すごく楽。

クレカ嫌いの人もこれで、公共料金でもなんでも払うと良いと思いますよ。家賃も保険料も何もかも払ったら、たちまち貯まるだろうな、ポイント。なんせ還元率がいいですからww 自分も払うカード変えようかなぁ……。

あと、住宅ローンもこれで払えたらなぁ……、と。月10万近く払ってるから、他も含めて払ったら結構貯まるだろうな的なww それこそ温泉とか行けるわな……。

それと、セキュリティ面。アプリの方から「一時停止」が簡単にできます。なので、カードなくしても心配なし。

ではではご参考にどうぞ。

LINE Pay

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

髙橋 則彦(このブログを書いている人)のプロフィールはこちら

関連記事1

感想をもらえるととても喜びますw(※ 相談とかでもOKですよ。)

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。