非正規の方に朗報です!!『「同一労働同一賃金」2019年度施行へ 政府、5月末に閣議決定』

   2016/12/19 

「同一労働同一賃金」2019年度施行へ 政府、5月末に閣議決定
自分的には、「おおついに、すげーじゃん!!」と思っていたんですが、ネットでは然程に(というか全く。。)盛り上がっていない気配でした。が、自分的にはニュースだと思ったんで、自分は取り上げます。

細かいこと判りませんが、これが実現すればかなり状況が変わるでしょう。思い当たるのは工場とか。良く言われてますよね、やってることは全く同じなんだが、正社員と非正規で全く待遇が違うと。

あと全く同じことしているのかは判らないが、他にも結構正規と非正規で待遇の差が大分違うと聞くことがある。

で、これは社会保険の問題なんかと同じなんだが、これをやることで、直接的な売上が増えるわけではありません。ということは、単に売上に対しての人件費の配分の問題。つまり、企業の支出の正規非正規での内訳の問題でしかありません。

ということは、非正規を単純に待遇を上げるだけ、という風にはもちろんならず(普通にパンクします)、その財源は主に正規から持ってくることとなるでしょう。なので、正規は待遇ダウンで、非正規はアップというのが基本的な傾向となると思われます。

まあ、考えたら当たり前すぎるんだけど……。

なので、今回解雇のルールについては触れられていなかったけど、解雇もドンドンしやすくなり、正規も非正規も待遇に差が無くなっていくという流れでしょう。

というわけで、正規というイス(既得権益)に座っている人にとっては辛い、非正規の人にとっては嬉しい方向に行きそうです。しかし、ようやくことが進むんですね。安倍政権は凄いなぁ……。ただ、いつ正規の人もリストラだ何だで、今のイスから離れることにもなりかねないので、総合的にはみんなにとっていいことだと思います。

なので、自分的にはとてもいいことだと思います。今の状況だと、イスに座ったもん勝ちで、初めに座ることが出来なかった人は、チャンスがかなり少ない。そういう状況だと、ずっとしがみつく傾向になりやすいので、人材の流動化もない。

やっぱり、それをもって勝ち負けというのもどうかと思うけど、敢えてそういう表現で言えば、敗者復活戦は必要ですよ。普通に復活出来る可能性があるから、面白いわけで、負けることもあるけど勝つこともあるから、それぞれゲームに参加したいと思うんだから。

これが、いくらやっても逆転は無い。勝負は既に決まっている、と思ったら、やる気無いでしょみんな。

良い時代になるかもなぁ。こういう流れは歓迎したいと思います。

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

このブログを書いている人のプロフィールはこちら

関連記事

ありましたら感想を。

メールアドレスは公開されません。ので、その点は安心です。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。