『クレジットカードよりも現金…、ストレスなく続けられる「貯蓄できる人の4つの習慣」』細かいことよりも実は初めから勝負はついているんだよね笑

   2016/12/19 

金を貯められる人になるための習慣みたいな記事があったので、自分の意見を書いてみます。

クレジットカードよりも現金…、ストレスなく続けられる「貯蓄できる人の4つの習慣」 | ビジネスジャーナル
まあ、記事には結構細かな事が書いてあったんですが、自分的に言うと、

基本的には、自由に使える金をキチント把握しているのか?

に尽きます。

その上で、使ってダメな金は使わないように実行し続けられるかどうか、ということだけ。

例えば、割りと有りがちなのが、月々の固定費は把握をして、ちゃんと予算を付けているんだけど、そうじゃない、例えば、年に1度とか、年に2度とか、定期的に発生はするが、毎月ではないようなものは予め準備をしていないケースです。

あと、不定期だけど、いずれ発生することはほぼ確定していて、無いことには、基本的に困るようなものもありますね。

以下に、例を上げてみましょう。

・車の税金

・車検費用

・各種保険料(年払い等の場合)

・車の買い替え費用

・家の修繕費など

というようなものです。

なので、理想は、あらゆるものを準備しておけば、楽です。まあ、最低でも上3つは必要ですね。

じゃないと、それによりますが、5万とか10万とかまとまった額がボンボンと定期的に出て行くことになるので、準備をしていなければ金など貯まるはずが有りません。

あと、地方の方などであれば、車は一人1台が普通ですので、例えば、結婚をしていれば、普通に2台とかありますから、その額も倍に。

あと、光熱費なんかもそうで、冬と夏とでは、大分変わりますから、年間で把握をしておいて、毎月一定額を計上して口座に入れておくなどが安定的に家計を運営するためには必要でしょう。

というか、自分とこはそうやっています。じゃないと、全然電気代とか違いますから、収入はそうはなっていないので、支出の波が荒くなってやりにくいです。

最悪、その波が荒ければ荒いほど、お小遣いにも影響してしまいますので、それはストレス。ハッキリ言って嫌ですね。

なので、良く、余裕があるときに、預金するんだけど、ちょいちょい出て行ってしまってなかなかみたいな人いますが、それは、必要な準備をしていないので、そうなってしまうのです。

もちろん、滅多にないような出費というのも発生することはあるでしょう。

しかし、そう滅多にあることじゃありませんし、そういうケースも想定して、それについても予め常に一定額用意しておけばそこから賄えます。

そういう風にやった上での、別途預金なら、そこから出て行かざるを得ないケースは少ないでしょうから、貯まっていくはずです。実際に自分はそうですし。

あと、もっと言えば、余裕が有るときに貯める、みたいな言い方がありますが、収入って普通そんなジェットコースターみたいな人ってそうはいませんよね。まあ、ジェットコースターなら、低目に設計しておけばいいだけですが。。。

なので、キチント固定費を把握して、毎月一定額を計上するようにしておくと、毎月大体似たような金額を預金等することは出来るんですよ。

もちろんやり方にもよりますが、収入-固定費の残りから必ず一定割合預金するようにしていけば、毎回できるはずです。なので、小遣いなんかは、さらにその残りになるので、収入や固定費が変われば、連動してそこも変わってくるわけですが。

なので、収入が固定費を下回るようなことが無ければ、基本的には毎月預金に回るお金はあることになります。というか、一時的ならまだしもしょっちゅうそんな風になりそうなら、そもそも固定費を下げるべく見直しが必要になりますが。

というわけで、金が貯まるかどうかは普通、初めから勝負はついているのです。

全体を把握せずに使うということは、買い物なんかするときに、予算の上限を知らずにボンボン買いまくっているようなもんですからね。そしたら、会計したら、足りなくなって……借りてきたり、預金とかから払うよになったりみたいにもなりますわ。買い物なら買わなきゃ良いですが、やめた、と出来ないような類のものもあるわけですからね。。。

なので、頭のなかで適当にやっているようでは無理。エクセルとかで整理して、総額と内訳と判るようにしないと。

あと、そもそも論を言うと、それをやっても自分をコントロールできないようでは同じ。どういうことかと言うと、頭で判っていても、使ってはならない、他の支払いのためのお金に手をつけてしまうような人は、そもそもの問題。そういう人は、誰かに管理を頼むしかないんでしょうね。。

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

髙橋 則彦(このブログを書いている人)のプロフィールはこちら

関連記事1

感想をもらえるととても喜びますw(※ 相談とかでもOKですよ。)

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。