折角の一時払い終身を箪笥預金とかしようとしていたので損であることを説明したという話

   2016/12/19 

先日のことになりますが、ある顧客とあったら、契約している一時払い終身保険を解約したいという話になりました。

解約はもちろん、権利ですから、じゃあ手続きの準備をしますと、応じたわけです。

で、そのあと一応、世間話的な意味なので、解約に応じたくないとかの意味は全く無いのですが、何か入用になったのかと聞いてみたら、特にそうではないけど、箪笥預金をしておこうかと思って、という話……。

なので、普通に損であることを伝えました。

しかも、その人が契約したのは、10数年前ですから、今よりも大分条件がいいものだったのです。

箪笥預金をしておいても、泥棒に持っていかれるリスクこそあっても、特にはメリットはありません。

が、一方保険の契約をそのままにしておけば、終身保険ですから以前の条件のまま、お金は増えていきます。

加えて、現金化したいと思ったら、一瞬とは行かないまでも、2~3日もあれば、口座に振り込まれます。だったら、普通に使う予定がないのなら、取り敢えず、保険会社に漬物のように置きっぱなしにしておいた方が得なわけです。泥棒に持っていかれる心配も有りませんし。。

大体、家に現金なんてろくなこと無いんですよ。あるから、持っていかれる恐れが有るわけですから。あるいは、オレオレ詐欺的なものも、直ぐに振り込めるから余計にかかりやすいわけで、少し冷静に考える時間があったら大分成功(?)率は減るでしょう。

しかし、恐縮ですが、なんも考えていないというか、知識がないのか、とにかく判断能力が無いと言わざるを得ませんね。まあ、ああいう人は周りに助言してもらったり、勘が鋭かったりで、変な風にはそうはならないのでしょうが……。

やっぱり、最後は嗅覚みたいな勘みたいな感覚的なものが重要でしょうからね。全てに精通している人はいないわけで。物理的、時間的不可能。

というわけで、一旦解約したら、やっぱ無し、とかは出来ないので、解約の際はお気をつけを。

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

髙橋 則彦(このブログを書いている人)のプロフィールはこちら

関連記事

感想をもらえるととても喜びますw(※ 相談とかでもOKですよ。)

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。