グリーンコープ震災商法&福島外しの件について新たに発覚したこと 実は今回初めてでは……そして他の県も……

   2016/12/19 

世間は相変わらず舛添都知事の問題が絶好調に盛り上がっていますね。先週、海老蔵さんの奥さんの件とかが出てきていたので、多少和らぐかと思ったりもしたんですが、そんな話ではなく、舛添問題の破壊力が抜群に凄まじく、相変わらずの盛り上がりっぷりとなっています。

お陰様を持ちまして、来月には参議院選挙がありますし、今日あたりで言えば、ios10なんかのニュースも出ていたんですが、全然かすんじゃっている感じですね。

では、本題。昨日、グリーンコープの福島外しについてのエントリーを書きましたが、実はあれ、今回初めてではなかったことが後から判りました。なので、なんか段々メラメラとしてきたので、今日はその辺りを。

以前は宮城県もだった

えー、こちらによりますと、

グリーンコープの被災地応援企画 福島県の商品は除外 – ライブドアニュース

実は、前は宮城県も除外になっていた、ということ何ですね。

画像もお借りしちゃいます。

グリーンコープ2014

見えますでしょうか。左下の文字には、宮城とか福島の文字もあるようですが、実際の商品は、右の地図的なものを見てもらえばお判りのように、

・青森

・岩手

・秋田

・山形

の4県のみとなっている模様。。。

東日本大震災復興応援商品

とかデッカク書いといて良くもまぁ。。。。

むしろ、東日本大震災のメインと言ったら、我々のところの福島や宮城と言ったら、欠かせないエリアでしょうが。これは、関口宏さんに百人に聞きましたをやってもらってもいいぐらい。ちょっと古かったかな……。

いずれにしても、それで東日本大震災絡みのどこを応援してるというのでしょうか。不明。

今回が初めてではなかった

既に2014年についてやったが、2015等についても紹介しよう。こういう感じ。

グリーンコープ2015

ふむふむ、どういうわけか宮城は復活(?)しているが、やはり、福島はないよう。

で、今年もなので、2014からだと、

グリーンコープ2014

グリーンコープ2015

2016年夏

グリーンコープカタログ写真

ほんで、文言。

グリーンコープカタログ写真2

なんとか詐欺と大差ないレベルww

なので、これ応援とか言うのは単に建前も建前で、単に、

乗っかって一儲けしてやろう

という魂胆が見え見え。というか魂胆「しか」見えないです。

しかし……商売なのは判りますが、姑息ですなぁ。。。。こういう輩は単に目障りなだけなので徹底的に糾弾しておかねば。わたくし、実は当初そこまででもなかったんですが、担当者のウソ付きコメントとか見てたら相当に苛立って来まして、加えて、後からこういうのが発覚してきてメラメラと火がついてきたところであります。

都合よく復興を利用してんじゃねーよ

、と。

マジで、合法的にやっているものでも、到底心地よいものではなく、その辺の隅のほうで、チョロチョロと気づかないようなところでやっているのならともかく、そこそこの規模の組織を上げて、こんな大々的に大規模にキャンペーンをはるような感じでやっていられるのは、本当に目障りでしかありません。

しかし、儲かりゃ何でもいい的な感じが、もはやカタギのの発想とは思えませんな。じゃあ、カタギじゃ無いのか。。。

まあでも、いくら合法でも市場から賞賛されるような儲け方をしていかなければ、未来はないでしょうな……。

これはもう、歴史的に長続きはしない。

あと、何でしたっけ、そうだ、童話ね、童話に反するようなことも同様にそうです。

というわけで、こういうのは断固として非難する所存です。

必ずぐらい、震災だとか何だとかがあると、それに乗っかった◯◯詐欺だとかが増えるけど、本当に悪質ね。これも合法的なそういうのと自分から言わせると大差ないですわ。

本当に、ウザい。

これを東日本大震災復興応援商法と名付けて、終わりたいと思います。ありがとうございました。あ、なのでこれ2011からやってるそうなんで、5年ぐらいはもうやってるんだと思いますよ。

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

髙橋 則彦(このブログを書いている人)のプロフィールはこちら

関連記事

感想をもらえるととても喜びますw(※ 相談とかでもOKですよ。)

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。