防犯グッツ屋から電話が来たので思わず言ってしまったこと

   2017/10/19 

日中事務所の方に電話がきましてね、なんか回りくどかったんで、こちらから、

「要は、うちの商品(防犯グッツ)を良かったら買いませんか?という用件ですか?」

と聞きましたところ、その通りですとなりました。

で、具体的に聞きましところ、防犯カメラとかそういうやつを販売しているんだとか。

で、なんでそんなものが必要なのかと尋ねたら、泥棒がガラスを割って入ってきたりとかするかもなので、という話。

そうなんだ……。

で、さらに、そうなると何が困るの?と聞きましたら、「えっ困りませんか?」だと……。

なので、自分はこう答えました。

「然程困らない。現金もおいてないし、大したものはないから。加えて、賃貸だし、仮に所有でも泥棒なら通常火災保険で出るから。もちろん、それに伴う壊された汚されたみたいなものも。」

なので、カメラとか設置すれば、抑止にはなるかもだけど、そこまでする必要性を感じない、と答えた。

しかも、確率的に考えて、想像ではあるが、飛行機や宝くじのレベルと言ってしまってもそう違わないと思われる。

なので、その人にも、その人の周辺で、過去5年でも10年でもいいから、何人泥棒被害にあった人がいたか聞いたら、やはりいないようだった。

そうだろね。そう思って聞いたんで。

自分の周りでもいない。もちろん自分も。

なので、少なくとも自分の場合で言うと、僅かな可能性で、さらにそうなった場合の損害も僅かな場合でも、気になるから何かやっておきたいんだ、という人向けだね、と言っておいた。いや、そうだよ。キリも限りもない。

ん、これってなんか保険と似てますね。

そうなんですよ、やはり、きちんと精査をしてどうしても必要な物だけやるようにしないといくらあっても足らない。

あと、こういう防犯グッツにしても保険にしてもそうなんだけど、何でもかんでも金をかけて備えるだけが脳じゃなくて、被害にあっても出来るだけ損害が少なくて済むように予めしておくというのも重要。

そもそも何もなけりゃ、大した損害にはならないんだから。

なので、金を掛ける前に、実際被害にあうと何が困るのか、よく考えてみるといい。何か買うにしてもAmazonとかで適当に見つけて買うほうが安く済むだろうし。

しかも、うちとか、大きな道路沿いで、車通りも多いし、その点でも確率を下げるんだよね。

いずれにしても、そんなに入られたら困るのなら、カメラよりも保険だとか、貴重品をおかないとか、そういう対策をちゃんと検討すべきだね。

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

このブログを書いている人のプロフィールはこちら

関連記事

ありましたら感想を。

メールアドレスは公開されません。ので、その点は安心です。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。