auの生保とのセット割早速終了へ しかし実質的には継続!?意味判らん。。。

   2016/12/19 

auが結局、生保とのセット割をやめるそうです。

au、生保とのセット割引終了へ 保険業法抵触のおそれ:朝日新聞デジタル

保険業については、保険業法という法律で、こういう割引みたいなことをやってはいけないことになっているんですが、検討の結果問題ないとして、セット割の導入が一時話題となっていたことは記憶に新しいと思います。

まあ、自分は当初から、どう考えてもアウトだろうと、言ってきたわけですが、それが今回、やっぱりやめるんだそうです。ただしかし、意味不明な点も……。

KDDI(au)とライフネット生命保険は17日、auの契約者が生保に加入すれば、通信料を毎月200円割り引く「セット割」サービスを今秋をめどにやめると発表した。保険料の割引を禁じる保険業法に抵触するおそれがあると判断したため。

しかしながら単にやめるわけではなく、別な方法に切り替えるとしています。

生保加入者に保険料を200円還付する方法に変える。

保険料の還付も、auの契約者だけ利益を得られる点は変わらないが、同社は「還付条件は契約時に明示しており、消費者は通信会社を選ぶことができるので、特定の契約者の保険料割引にはあたらない」(広報担当者)としている。

ということなんです……。

何これ、実態としては何も変わっていないじゃない……。むしろ保険料の方を割引くわけでしょ、実際。要件を満たせば還付ということなら。逆に今度は直接。まあ、いずれにしても、どこかで利益を提供することにはなるので、同じことだが……。

・・・。

バカなのauって、もしかして……。

てっきり大会社だから、ちゃんとした人が、必要に応じて役所だとか弁護士だとか入れて、検討しているんだと思ってたけど、意味不明。

要件、つまり、au利用者という要件を満たせば、auから生保に入ると安くなるわけだよね。200円戻ってくると。毎月。

いや、普通に完全アウトでしょ。

もう一回引用すると、

保険料の還付も、auの契約者だけ利益を得られる点は変わらないが、同社は「還付条件は契約時に明示しており、消費者は通信会社を選ぶことができるので、特定の契約者の保険料割引にはあたらない」(広報担当者)としている。

え、何が!?全然意味判らん。こんなのいいんなら、セット割だっていいでしょ。というか、通信料なのか、保険料なのか、名目というか内訳が違うだけ。

こんなのいいなら、とっくに各社何かしらやっとるわ。

アホですね、普通に。

多分、これも変更となると思われます。早々に。

というか、バカだなぁ。。。。

普通にこれまでダメとされてきた事例を見て考えれば、当然ダメなことぐらい判るでしょうに。。。。

天然なのかな。。。

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

髙橋 則彦(このブログを書いている人)のプロフィールはこちら

関連記事

感想をもらえるととても喜びますw(※ 相談とかでもOKですよ。)

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。