問い合わせを受けて改めて相談相手探しが重要だと思った

   2016/12/19 

最近、火災保険についてブログ経由での相談がありました。その人は、まもなく更新を迎えるということなんですが、更新後の保険料が予定よりもかなり高くて困っているということでした。

で、自分のこういうエントリーなんかにたどり着いて、問い合わせをしてきたということなんですねぇ。

併用住宅の人が火災保険を安く契約する方法

で、最終的には、補償や期間を小さくして、なんとかやりくりしようと考えているようでした。自分の方でも相談には乗れるとは伝えましたが、満期が目前に迫っていることもあってか、そこまでは頼まれずに、この件は終了となったわけです。

で、今回思ったことがあったので、ちょっと書いておこうと思います。

で、思ったこと。

やっぱり、相談相手選びがかなり重要だなぁ…

ということ。相談相手探し、と言ったほうが近いかもしれないですね。

その人は、あちこち見積を取ったようなんですが、特に気の利いたアドバイスを貰うなどは出来なかったようです。保険料がそのぐらいになるのは仕方がない、という回答だったとか。

うーーーーーーん、まあ、どういう質問の仕方をしたのか判らないので、一方的にああだこうだということは出来ないんですが、少なくとも自分の方に来たメールなんか見ると、思いは伝わるんですね。

出来るだけ安くやりたいんだなぁ、と。

いずれにしても結果的に満足な商品やプランを見つけることが出来なかったようなんです。

で、自分が回答したのは、火災保険は、保険会社や、その商品によって、調整(選択)の自由度が違います。あと、担当者により、精通度も違うし、その人やその人の所属している保険代理店の方針。とかいろいろ考えられるので、貰えるアドバイスや提案もいろいろでしょう、と。

そういう感じのことを回答したわけです。

まあ、なので、予算が決まっているなら、予算内で入れる最適プランを検討することをススメたんですが、しかしながら、でもですよ、自分として思うのは、やっぱり、いい担当者に巡りあえば大分違うだろうなぁということ。

素人では限界がありますよ。そんなパンフレットとか眺めてたって。何もかも書いてあるわけではないし、数年に一度、トータルで何時間か見る程度で理解できる情報はたかが知れています。

そしたら、やっぱり誰かいい人に相談して助言を貰うしか無いんです。

あと、こういうこともあります。

例えば、内容はこういう内容に入りたい。最低でもこのぐらいは、と思っていたとします。

ですがそれって言うのは、その時点で自分の持っている情報による、その時点での価値観や考え方によるものだったりします。

ということは、詳しい人間から助言を受けることで、自分のもっていない情報が入ってきて、「なんだ、ならこうでいいじゃないか」と変わる可能性が普通にあるのです。

確率的な話とか、あるいは、細かな点。そういうのを一つ一つ精査していくと、大分初めの状況とは変わってきます。

自分なんかもそうですね。自分も初めは、自宅の火災保険、5年分で20万円だか25万円ぐらいは払っていました。で、更新を迎えるにあたって、予算的にもちょっとアレだったんで、見直しましたら、最終的には、その半分以下ですよ笑

しかも、分割にしたんで、一括ならもっと安く済んだわけですが。なので、分割の割増がかかっても半分以下、と。

もちろん、結構大胆に見直しましたが、自分としては、我慢をしたわけでもなく、ストレスのない形で見直したので、満足なわけです。なので、そんときそんときちゃんと考えて、決定しているので、悔いは無いんですが、実際、半分以下ってことは、前は何だったんだ……、みたいな面はありますよね。そういう過去の話を言ってもしょうがないんですが。

そういうのを考えると、結局、

・リスクに対する理解の深さ

・契約するにあたり、どういう選択肢を持っているのか

・調整できる箇所や範囲も含めて

そういう総合的なものが重要だと。そういうアドバイスをくれる人に相談しなきゃダメなんだと、思いますね。合理的にやりたい人はね。

やっぱり、単に補償額いくらだと、保険料いくらになりますか?みたいな感じだけだと、標準的な内容で、「いくらです!!」みたいに終わっちゃいますよ。

あと、勤めている人だと、提案の仕方は組織に決められているかもしれませんね。

そしたら、そんなにいろいろな提案は出てこないでしょう。

まあ、そういうことなんで、結構工夫の余地があるものですから、電化製品を買う時のような感じで比較するというわけにはなかなか行かない面があります。

大事なのは満足なので、満足できる内容を予算内で入れるよう提案してくれるような人に相談をする、ということがポイントになりますな。

なので、相談相手探しが重要なんですよ。

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

髙橋 則彦(このブログを書いている人)のプロフィールはこちら

関連記事

感想をもらえるととても喜びますw(※ 相談とかでもOKですよ。)

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。