某JA系の保険会社からの言動というか感覚にウケた件

   2017/10/19 

この前、某JA系の保険会社から電話があって少し喋ったんですけど、ちょっとウケた(あまりよろしくない意味)んで、みなさんの何かの参考にちょっと書いておきます。

まあ、取引のない保険会社からの電話なんてのは、用件は一つですよ、普通は。

要するに、自分のところの保険も取り扱ってほしい、売ってほしい、というもの。

なので、その時もそうだったんですが、話し聞いたら、少し安いと思うからって話だったわけです。

で、どのぐらいって聞いたら、千円ぐらいだと。

千円なんて、ケースによっていくらでも変わる金額ですよ笑 なので、実際には誤差の範囲。だから、逆によく言ったなぁと思います。

しかも、単に安いと言っても、家電や本なんかと違い、万が一のためのものだし、そもそも価格比較がしづらいものなので、一般の人にとっては、単純な話ではない。というか人間、価格よりも満足でしょ。

価格が安いことを魅力に感じやすいのは、特に急激に不況に陥ったときで、そうでもなければ、普通は、価格よりも内容について興味が湧くものです。

なので、デフレ下であればまだしも(それでも、誤差の範囲では…)今のデフレではなくなった現状で、そういう中途半端も中途半端なことを自社の強みとして言ってくるあたりが理解できんのですよ。完全に自分目線。

なので、値段で魅力を感じさせたいのなら、そんな千円なんかでは話しにならんと言いました。ああいうスマホショップのように万の話でなければ。多分5,000円とかでは大して興味を持って実際に行動に移す人はかなり少ないでしょうな。1万円でもそうだと思います。なので、現実的には仕組み的に抜本的に人件費がかからない仕組みとかを開発できなければ無理でしょう。

しかも、保険みたいな蓋開けてみないと最終的にハッキリしないような、ある種意味不明なものは。内容だって、一般の人の目線では意味不明な面は多いでしょう。触ったりできないものですからね。あと、ブランドも。残念ながら、当該某JA系保険会社では、ブランド力的に厳しいと思います。その辺も総合的に考えると、ただでさえ誤差の範囲程度しか変わらないのに……という感じ。

 

あ、あと面白かったのが、「ガッツはありますので」とか「一生懸命やりますので」みたいなことを言うわけですよ。

……。

驚いた。

確かにそういうこと言う人はいるんだけど、直接そんなこといきなり、全く知らない人から言われると、……驚きを隠せない。

「ん、なにが!?」

と思わず聞き返してしまいました。

そしたら、もう一度同じこと言われましたが……。

あの、そういう感情論みたいな話、こちらには関係ないわけですよ。言うまでもありませんが。

だって、例えばですよ、みなさんどこかの飲食店でも家電量販店でもなんでもいいですが、店の人に「一生懸命やってます」とか言われても、「え」という感じでしか無いですよね。「そうですか」というね。

みなさんは、自分の欲しいもの、食べたいものを求めて、そこに行くわけで、いや、もちろん一生懸命の方はいいでしょうけど……、それっていちいち、しかも本人の口から言うことなのか!?という感じなわけですよ。

一生懸命というのは、それぞれが必要に応じてやる手段なのであって、そんな風に言ったら変なんですよ。一生懸命やらんことには、自分の責任や役目を果たすことが出来なければそうする必要があるだろうし、ゆるい感じでも取り敢えず間に合うのなら絶対ではないわけです。

ついでに言えば、そういうのは、他人からの評価なので、自分で言っててもしょうがありません。

つまり、美味いかマズイかは、食った人がどう感じるか、でしかないのです。

ねぇ。。。。小学生かと思った……。

なぜに、いきなり知らない、保険代理店に電話をして、そんなこと言ってんだろう、という感じ。面白すぎるでしょ。

もしも、自分の部下が、そんなことしてたら、とか考えるともう言葉がないね。

いや、でもああいう本当プロ意識がない人、流石に、あそこまでの人は初めてかなぁ。。。。

ほんと繰り返しになるんだけど、一生懸命……とか、ガッツが……、とか言われても、いや、いちいちこっちに言わなくていいから、必要に応じて勝手にやってとしか……。こっちは、キッチリ仕事するかどうか実際の結果にしか興味ないわけだからさ。契約を守るのかどうかみたいなね。契約を守るのは当然ですからね。

わけがわからん。。。。

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

このブログを書いている人のプロフィールはこちら

関連記事

ありましたら感想を。

メールアドレスは公開されません。ので、その点は安心です。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。