小さい子にガッツリと生保を提案する意味不明さ、まあ、相手あることではあるが…

   2016/12/19 

成約事例のFAX(今時…)がチョイチョイ保険会社から来るんだが、その中の最近見たもので、

ん!?

と思うものがあった。

何かというと、中学生(3人)が、保障対象者として、生命保険が成約となったというもので、当然契約者は親だろうが、それがまた、内容がふんだんに、病気の一時金だとか、年金(積立じゃなくて、特定の病気とかになったときの保障ね)だとか、死亡保障だとかが出る内容だった。

ちなみに、保険料は、月々8,000円だそうです……。

しかも基本的に掛け捨ての内容。加えて、ずっと同じ保険料で入っていられるものではなく、更新型なので更新時の年齢に応じて高くなる。なので、結構な額が上がって行くもの。

それを、2世帯3人ということなので、すごいなマジで、と。

もちろん、相手あることなので、相手が最終的に、申込の決定をくださなければ、成約には至っていないのだが、相談依頼があったとかではなく、単に業者の方から案内し、提案したようなので、自分として思うことは、

良くそんなことするな、

というもの。

次に、相手も

よく入ったな

とも思うが……。

つまり、どっちも凄いんだが、世の中にはいろいろな人がいるので、それはそれとしても、子供なんて、普通、18歳までは、医療費タダでしょ普通。加えて、収入もない。そしたら、なぜそんなにタップリと必要なのかが全く理解できない。

確率的な点でも言うに及ばずというぐらい低いことは明々白々と言ったところ。

それに、月8,000円ですか。そうですか、と。……。

しかも、2世帯3人ということなので、一方は2名分。月16払う決断を良くしたなぁ、と思うよ。

なんで???

そんなに良い判断だと思っているのだろうか。

これまでに何度も書いてきたが、保険は損な賭け、という要素がとても強い仕組みです。つまり、道具は使いようなんだが、結構、合理的に使うためには、その仕組み上クセが強いので、工夫というか、考えねばなりません。精査ね。じゃないと、ただ金をぶん投げているに等しい使い方に。

いや、もちろん人の勝手すぎるんだが、自分なら、抵抗ありすぎて、そんな自分なら絶対に選択しないような、選択肢を提案するということは、有り得ません。抵抗あり過ぎ…

こんなの、本気になって毎月、子供のために宝くじとかギャンブルに、金を投じているのと一緒ですよ。むしろ、子供という若さを考えると、ギャンブルの方がましかもしれません。

もっと、他にいくらでもマシな選択肢があったろうに……。

自分には全く理解が出来ない。

こういったことを説明しても入りたい、というのならいいでしょうが、してないだろ、まず。こんな説明しても入りたいと言うなら、診査通らない人だよ、本来……。

自分が子供だったら、その月8,000円で何か興味のあることをやらせてもらいたいし、無ければ、積立でもしておいてもらいたい。

親なら、同様に何かやりたいと言われた時の費用に充てるとか、無ければ、毎月インデックスファンドでも買うだろう。

なので、まあ入る人も入る人なんだが、提案する側も良くやるなぁ、としか思わない。儲かりゃなんでもいいのかな。どうしても、自分にはまともには思えないんだよなぁ。。

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

このブログを書いている人のプロフィールはこちら

関連記事

ありましたら感想を。

メールアドレスは公開されません。ので、その点は安心です。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。