車の賠償保険について「ん」と思うような記事があったので書いときます。経験上考えると尚更……。

  

こういう記事がありました。

「対物賠償保険」だけでは修理費を賄えないことも!? 事故時に頼れる特約はコレ! – Ameba News [アメーバニュース]

んで、思うところがあったので、書いときます。

 

上記記事内容についてはある程度察しがつくと思う。タイトルに書いてるように、対物賠償、の話だから、相手に大しての賠償について。なので、決して自分方の車のことではないのだよ。なので、賄えないって表現には少々違和感があるね……。

だから、要するに、相手の修理費が間に合うぐらいでないケースもあるよ、という話。

なぜかと言えば、賠償保険は、基本的に、自分の法律上の責任が発生した部分に対してのみ対象となるものだから。だから、仮に、修理代と、責任が=ではない場合は、当然法律的には責任はないわけだから、賠償保険も責任分までとなる。具体的には、古い車とかで、修理代が時価額を超えるケースね。

だから、繰り返しになるが、

・責任はない

・責任分だけ出る

ということは、そういうことなんだよ。責任は取ることが出来るんだよ、賠償保険だけで。

なので、そこのところは、相手とすれば、性質はやや違うが、貸した金を返せって話と同じわけね。相手の権利であり、自分の義務、と。

で、それを超えた部分。これは残念ながら、権利でもなければ、自分の方とすれば義務でもなく、当然、貸しても借りてもいない類のもの。ってことに、法律的にはなります。とは言え、最終的にはそこの基準でやるしか無いので。

だから、任意のものなんだよね。相手が、全く非がなくて、正に被害者も被害者であっても。なぜ、非がないのに自分で修理代足んない分負担しなけりゃなの?と思う気持ちも判るけど、法律がそうなっているから仕方がない。みんなで選んだ人たちが話し合って決めたルールなわけだから。なので、自分的には、改正すればいいとは思います。もっと、シンプルに。

だから、道徳的には変でも、払う義務のない任意のもの。分類するとすれば、払うなら不法原因給付とかになるのかもね。寄付とも違うし、お見舞金的な……。いずれにしても、そういうボヤッとした感じのもの。

 

で、そういう場合にも、義務ではない部分もある程度カバーされる特約があるよ、という話なのだが、これがなかなかのクセ者(?)みたいなところがある。

上述の通り、賠償保険だけで、義務は果たせる。だから、別に問題はないわけ。相手は請求権無いわけだから。でも、それでも悪いんで、という人は、その特約でカバーできる。上限はあるが、基本的には間に合うだろう。

ただね、経験上言うと、それを使うかどうかは、その人が決めること。使わなくても相手は文句を言えない。なので、使ってくれないことがもちろんあるのだよ。お互いに。

だから、そんとき、

結構意味ねーかもなー

みたいに思ったわけ。

自分が使いたい、使おうと思ったときだけ、使うような自己満足のものって感じがかなりした。まあ、それでいいと思うよ。それは、人それぞれだし、元々義務ではない部分なんだから。

でも、思ったのが、そしたら、そういう経験した相手は、逆の立場になった時、同じようにするんじゃね?とね。全員じゃないにしても、傾向というか、スパイラルは出来ていくように思う。人間そういうもんだし、今の時代を考えると、「義務じゃないなら、いいでしょ、逆の立場になればお互い様なわけだし」と考える人は多そうだ。。

まあ、そのための法律だからね。そういう価値観や考えが違う人同士が暮らしていくためのルール。

 

だから、こういう特約は好みの面が実際はかなり強いです。年間数百円だけどね。でも、好みの部分ならね、そんな道徳家みたいなの気取る必要もないんで、今は入っているが(というかみんな普通は入っている)別にいいかもな、とも思うところ。

なので、こういったことをシバシバ、義務と任意の部分を混同して、入っておかないと、大変みたいなに語られることがあるけど、それはちょっと違いますので、ということで。ちゃんと分けて考える必要があります。

冒頭の記事でも、やや「ん」と思うような感じで書いてあったが、ここまで書いてきた通りなので。

 

ところで、この焼酎大好きなんですけどAmazonでその辺の店の値段ぐらいで売ってたので、わざわざ買いに行く必要もないから、注文しました。

B00DXJ7XVE
小正醸造 黄猿 25度 1800ml

いつも、900mlの方を買うんだけど、まあいいでしょ、夏だし。どうせ直ぐなくなるし。割安だし、と。

あ、もちろん900mlの方もその辺の店価格でありましたよ。

B00DXJ2NJQ
小正醸造 黄猿 25度 900ml

明日届くみたいです。素晴らしい。

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

このブログを書いている人のプロフィールはこちら

関連記事

ありましたら感想を。

メールアドレスは公開されません。ので、その点は安心です。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。