銀行が生保の手数料開示しても然程問題は解決しない

   2017/10/19 

最近窓販(銀行)の手数料開示について話題(ニュース)になるのでその辺りについて。

昨日あたりに見た記事でも米国あたりと比較して、銀行で売っている投資信託の平均的な手数料が糞高いとか、似たような種の保険の手数料はもっと高いとかで、で、妥当なラインはどの辺なんだ!?みたいなことが金融審議会だかで話題になったみたいなことが書いてあった。

自分はそれをみて正直、

へ!?

と思った。

手数料をいくら払うかについても、文句を言われなくちゃならないのかい、と思ったからだ。もちろん、自分は払う立場ではないが。しかし、自由主義経済の国でそんなことを言われることは甚だ疑問でしか無い。何言ってんだろこの人達、と。

で、まあそれはそれとしても、結局保険会社側としては、銀行に対しても他の保険代理店に対してもそうなんだが、出来るだけ自分達(保険会社)の保険商品を売ってもらいたい、と考えているわけだ。

で、その場合にかなり影響する点として、「手数料」がある。というか、以前某大手生保会社の人から聞いた話では、影響する点としては、というより、完全にそこ、というか話だった。なので、その一点と言ってしまってもいいぐらいなんだろうと。

だから、手数料の妥当性だとか、高いの安いのと言ったところで、保険会社に対しては、自分所の保険を出来るだけ売ってもらいたいと思えば、売りたくなるような条件設定にする必要があるわけで、でさらに、手数料の高さに「しか」興味を持っていないような類の人たちに対しては、特にそこの高さを保険会社通し競い合うような循環が出来ていくのは自然な流れなのだ。つまり、そういうような力が保険会社にはどうしたって働いていくと。

まあ、手数料は安いよりは、高いにこしたことはないわけだからね。取り敢えず。

しかも、銀行とか言ったら、ノルマとか凄そうだもの、達成のためには、そういう方向に行くのは自然。今の時代特に。なので、資本主義経済なんだから、そうなるよと思った。

 

というか、そんなことを行政側が心配をする必要ってあるのだろうか。

自分は資産運用の専門家ではないが、これまでに何冊か本を読んだり、WEBの記事を読んだりしたぐらいでもかなり、判断できるぐらいの知識はついたと考えている。あと、実際に投信買ってみたりして。

これまでに何度も書いているが、そもそも銀行あたりが提案してくる運用商品(投信や保険)なんてろくなもんじゃないわけで、そんなことはもう勉強みたいなことをしなくても、直ぐに気付くようなこと。

なので、所謂金融庁あたりが懸念しているような、顧客にとって本来不本意な形で、銀行に騙されるみたいになってしまうケースの人って言うのはそもそもしょうがないような気もする。

極端に言えば、変なツボとか、なんか市場価値として考えたら通常おかしい値段でなんか買っちゃうのと似たようなところがあって、ああ言うのって、引っかかる人がいるから、それを売ろうとする人がいるんだよねwww 需要があるわけだから。

釣り的に言うと、釣れるから、そのルアーを使うわけで、釣れないなら使わなくなるんだよね。

だから、そういう業者はとんでもない、みたいなのも理解はできるが、そもそも銀行辺りの提案内容を選択するような判断力のなさを問題にするべきでは、ということもかなり思う。

開示はしても良いけど、あんまり変わんないんじゃないかな。手数料が高くてもパフォーマンスが期待できるなら……ということで、それを選んでしまいそうな気が。そのぐらいの人ならそもそもとして。

そもそも保険で運用しようと考える自体が……という話なわけだから。

投信に至っては、普通にノーロード(買う時の手数料0)とかあるわけだし。そういう人は無駄に手数料高い投信でも買うんだろうから、生保の手数料開示しても問題の改善度はあんまり変わらなそうな気がするでさぁ、ということで。

今も昔も情報弱者はカモられる、と。ものしんなきゃそうなるのは当然。なので、そういう人のリテラシーを上げるにはどうしたらいいか頑張って考えるべきでは、ということで。

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

このブログを書いている人のプロフィールはこちら

関連記事

ありましたら感想を。

メールアドレスは公開されません。ので、その点は安心です。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。