PCデポ高額解除料騒動について思うこと

   2016/12/19 

数日前に話題になっていた、PCデポと高齢者の解除料の問題。厳密には、その息子さんが問題にしたようですが。

さっきニュース見てたら、詳しく出ているものがありました。

PCデポ 高額解除料問題 大炎上の経緯とその背景(ヨッピー) – 個人 – Yahoo!ニュース

なので、今回は、読んでみて感じたことを少々。

 

問題を少し整理しますと、

・契約の中身が判りやすいのか辛いのか

・高齢者(しかもこの件は認知症)なのか、そうでないのか

という辺りに集約されるように思います。これが例えば、スーパーでの買い物や家電とかならこういう騒ぎにはならなかったでしょう。なので、金融商品とかと似たような話。

 

あとは、人種ですかね。

なんか、記事を読んでいると、確かに、背景としては、少しあるようですが、ちょっと、他人のせいとか、他人を信用しすぎているような気がしますね。

今回よりも前にも一度トラブっているとかいないとか。しかも、本人とその息子さんそれぞれが。

で、その時に息子さんが、PCデポに本人(父親)が来ても契約を受けないでくれと、申し出、PCデポも了解をしたという話。

しかし、その後、「契約をしたい、息子には黙っていて欲しい」と本人から契約の申し込みが。

で、今回。ということですが。ですが、本当にその申し出だけで、充分と思っていたのだろうか、という感じ。

 

こういう話をするときは、道徳論と法律論は分けて話す必要がある。道徳はあくまで道徳だからだ。日本は法治国家。違法でなければ、基本的には自由。

なので、たしかに、ヒドイ会社だねぇ、みたいなのも理解は出来るんですが、まあ、そんなのは別に珍しくもないわけよ。だから、納得出来ないのなら、弁護士のところとかに行くべきだった。つまり、法的に契約の有効性や、本人の責任能力について、精査すべきだったわけで、感情論を言っても、無かったことにはならない、というのが自分の感想。しかも、珍しいとか珍しく無いとか以前に、どちらにしても、それで無かったことにはならないのだから。

しかも、簡単に解除料を免除とかしてたら、商売にならないし、他の人に対しても、同様にやるようになってしまう。というか、そもそも契約の意味がない。

 

あと、確かに、認知症なのでと申し出、先方も了解、というのは一定程度理解は出来るのだが、その確認が、キッチリずっと、もっと言えば全店で、機能するかと言えば、怪しいものだ。自分ならそう考える。絶対に、変なことになりたくない、と思ったら、他に自分側のほうで絶対に大丈夫なようにしておくべき。じゃないと、そんな、個人事業者が一人で店をやっているみたいなのじゃないんだから、わざとじゃないにしても、間違いは起きるって。あるいは、PCデポではない似たような店で、という可能性も。

だから、自分から言わせりゃ、間違いが起きないようにしたいのなら、店に「契約を受けないでくれ」ということではなく、父親が行かないように、あるいは、行ったとしても、成年後見制度など後々対処できるようにしておくべき、と考える。

そんな、他人にどうこうしてもらおうみたいなのダメでしょ。メインは、自分側の方でやって、サブ的に、申し出ておくという感じならいいだろうけど。

 

しかし、認知症と言っても、契約できたんだから、軽度だったんだろうな。本人的に、どう思っているのだろうか。また、現在の状態は不明だが。そんなにトラブルと思っていない可能性も普通にありそうな。値段見て決めてるんだろうし。判らない人にとっては、面倒をみてもらうためのお金ってことで、納得をしているということも普通にありえる。高齢であれば、使い道がなく、尚更ということもあり得る。

 

しかし、こういうのって、家族の知らないとこで、利息の高い借金とかしてるのと似てるなぁ……。結局、自己責任意識を持って、自分側のほうで対処しない人って、自分側の方以外の相手とか他を批判するしかしないんだよな。。しかも、失敗に学んで次に繋げていければいいんだが、そういうのは無いんだろうな。じゃなかったら、いい歳してこういう発想にはならない。

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

髙橋 則彦(このブログを書いている人)のプロフィールはこちら

関連記事

感想をもらえるととても喜びますw(※ 相談とかでもOKですよ。)

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。