医療保険は必要!?知人から意見を求められたのでアドバイスしてみた

   2016/12/19 

先日ある人から、医療保険について意見を求められた。その人は、解約をしようかどうか悩んでいたらしい。

なもんで、自分はいつもの調子で思っているままを回答した。

まずは、日本ではかなり社会保障が充実をしていることを伝えた。

で、それに加え、もう少しその医療保険について具体的な話をした。

その人が入っている医療保険は、終身タイプ。月の保険料は2千円ぐらい。入ったのは数年前、という感じ。

 

で、まずはじめに自分が言ったのは、

「月々2千円程度を支払うか支払わないかで、そんなに人生を左右することになると思いますか?」

ということ。

可能性としてはゼロでは無いかもしれません。しかし、確率的にはどうでしょうか。

しかも、その2千円というのは、全額が、保険金の支払いのための積立に回るわけではありません。

それで、そんな大げさなことになる人が大勢いるのなら、どうやって、制度的に賄っているのでしょうか?という話。保険会社は普通の民間企業ですよ。某NHKのように税金とかは入っていません。健康保険とかのようには。

そういう感覚的な辺りにまずは気づいてもらおうと思った。

しかも、損害保険のような、上限が何千万、何億。あるいは無制限で、損害に応じて支払われるような類のものでもない。示談交渉も関係ない。相手への治療費を先行して払うような対応を検討する類のものでもない。

あるのは、「入院日数×保障額」というシンプルなものと、手術の種類に応じて、所定の額が出る、というようなもの。あと、今は先進医療、ということもある。これはジャンル的には損害保険のような性質のもの。なので、合理的にはなっているようには思うが、それだけ入ることは通常できないし、保険料的に見ても月70円とかで、上限1千万円とか保障するというような代物。まあ要するにかなり確率的に低いということですよ。現役の医者なんかも似たようなこと言ってたけど。なので、あとはそれぞれの判断だし、好み。ただ、単独では入れないとなると、もれなく他のものもついてくるし、価格も高くなるけどね。

という辺りを説明して差し上げたら、「じゃあ、いいや」みたいな話になったのでした。そうだよね笑 現実的。

 

いやだから、その上で、入りたい、という人はそれはそれでいいんですよ。選択の問題だから。あと、場合によっては、体の健康に自信がない人とか、いろいろなわけだからね。

ただ、でも、一般論として言えば、上述のようなことはあるんだよ、とそういう話。

なので、そういうものに対して、あとは「どのぐらい本気になってお金を賭けていきたいか」みたいな話なんですよ。額も含めて。あとは、結果論でしかない。

でも、コメントを求められて回答する場合は、ある程度論理的な話をするようになるので、こういう言い方にはなります。

だって、気にしだしたらキリがないわけじゃないですか。

飛行機、船、電車。食べ物。ね。

外食なんて出来なくなっちゃうんじゃないの!?

どっか遊びに行ったら、崖から落ちるかもしれないし。橋が渡っている途中で崩れるかもしれない笑 歩いていたら、いきなり、ダンプが居眠りして突っ込んでくるかも、とか。

なので、家でじーーっとして、食材にも相当注意して、みたいな笑

なので、優先順位の問題なんです。

何を優先するかと言うね。

 

あと、究極的な身も蓋もないことを言えば、もしもを諦めるというか、そこがそうなったらなったでしょうがない、という考えなら、基本、ほとんど問題にはならないので、考える必要はなくなり、悩むこともなくなるんですけどね。

自分なんかそうですが、長生きとかを別に希望していないので、あんまり、もしもとか考える必要がありません笑

もしも、変な病気になっても、その時その時で、治療したいと思ったら、「その時の予算に応じて」するだけですし。治療したいとすら思わなければ、そのままでしょうし。笑

そう考えると、かなり楽ですよ笑

毎日いろいろ悩んで、長いことつまんなく生きるぐらいなら、結果短くても毎日気持ちよく楽しい方がいいので。なので、そういう方を選択しているというわけです。しかしまあ、確率から言えば長生きするでしょうけどね大抵の場合。

あと、繰り返しになりますが、0か100かみたいな極端な選択をしているわけではありません。

冒頭書いたように、オギャーと生まれた段階で、日本では素晴らしい、充実した社会保障を受けることができるのです。

多少持っていれば、普通に何度か入院するぐらいの費用は払えますし。というか、普通今時何度もしないでしょ。

突然死しても、それにかかる費用も賄えるし。

というわけです。

つまり、自家保険ってわけか。あ、業界用語ですが、自力ってことですね。保険会社に頼らず。つまり、自分が保険会社みたいな。一番合理的なやつですよ。

以上、同じようなことで悩んでいる人は参考にしてみてくださいな。

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

このブログを書いている人のプロフィールはこちら

関連記事

ありましたら感想を。

メールアドレスは公開されません。ので、その点は安心です。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。