結局は他の買い物と変わらないので予算の許す範囲でやるしかないんですよ

   2016/12/19 

そうなんですよ。例えば車買い替えた時に、新しくなったんで、車両保険も入りたいって人がいますが、その場合まず保険料を告げるとビックリされる。

えーそうですよ、そのぐらいはします。それなりに役に立つものですし、支払いが多いものですからね。

ザックリ言うと、通常の入り方で、車両保険だけ入っていない感じの人なら、ザックリ倍か5割増くらいにはなるので。繰り返しますが、それだけ保険金の支払いが多いということの証左です。

なもんで、例えば年に5万ぐらい払っている人なら、10万とか7万5千円とかにはなってくると。

念のため言うと、2つあるのは、通常、カバー範囲が違う2種類から選べるから。

自損とかもOKな所謂フルカバータイプは一番高いです。

それで、ありがちなのが、この前もあったばかりですが、

「えー、そんなに払えないんですがどうしたらいいんですか?」

「ぶつけたら困るし」

というやつね。

知らんがな……。

ちょっと冷たいかも判りませんが、スーパーとかで、野菜とか買うときにこういうこと言うんですかね、という話。そんなの言ったら単にヤバイ人でしかない。。。というのは、共通認識だと。

いや、保険だって同じなんですよ、基本的には。

金がなければ入れないんです。

なので、そのまんま最終的には予算の許す範囲で選択するしかない、と助言しました。

だって、そうですもん。全くそうなんですから。

なので、その時は、本当は、一番カバー範囲の広いやつを考えていたようでしたが、検討の結果、それではなく少しカバー範囲が狭いやつを選択されました。

 

まあね、いつも言っているように、高いやつにしたからと言って絶対に事故が起きるわけではないのでね。むしろ、起きない可能性のほうが一般論としては大きいわけですから。だから、保険は賭けの要素が強いものなんですよ。

なので、カバー範囲が広いのが一番いい選択で、そうでないのはダメ、とかそういう単純な話ではないの。

あとは、最終的には好みね。

ちなみに、自分は狭い方の車両保険にしています。

保険制度、という仕組みだけで考えれば、「損な賭け」という面が強いんで、車両保険は入らなくてもいいぐらいとも考えられるんですが、自動車保険は事故の相手がいることも普通なので、そういうときに、過失割合によって、自己負担が変わるような状況になるのが面倒なので。

なので、単純に保険という仕組みとは別な次元の面が車の保険にはあるんですね。なので、フルカバーまではあれだけど、何にもなしもアレなんで、狭いタイプにしているわけです。

合理性も重要だけど、利便性という点も併せて考える必要がありますね。あと、人間なんで、気持ちがいいかどうかとかもね、と。

 

ということで、入りたいんだけど、金は払えない、では通らないんで、予算の中でベストな選択肢を考えましょう。

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

髙橋 則彦(このブログを書いている人)のプロフィールはこちら

関連記事

感想をもらえるととても喜びますw(※ 相談とかでもOKですよ。)

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。