なぜ交通事故を装った詐欺事件が多いのか?

   2017/10/19 

答えは簡単、やりやすいから。

当たり前ですが、自分はやったことがないので、「おそらく」という話にはなるが。

もう少し具体的に言うと、偶然の事故を偽装しやすい。

さらに言えば、人身事故の場合は、慰謝料が貰える(請求できる)、という点も有るでしょう。

 

だから、交通事故の詐欺は人身事故なのです。

これが、仮に物損なら全然旨味はないのです。壊れたところを元に戻す費用しか原則的に請求できないから。

なので、仮に、直す必要はないが、金が欲しい、というのなら有効に機能するでしょうが、常識的に考えて、あまり考えられません。何回もやるのには不向きだし。

だから、経営難の経営者が金策のために、自分の高級外車とかでやるケースはありますね。盗まれたとか、あとは事故でガッツリ壊れ全損みたいなのとか。

 

で、本日もニュースをチェックしていたらありました。一般の人は、通常、然程興味も無いでしょうから、そんなにあるとは思っていないかもですが、結構交通事故の詐欺はニュースになってるんですよ。あとは、医者が虚偽の診断書を書いたり、接骨院が、健康保険に不正に請求したりとかで逮捕されているようなニュースもチョクチョクありますが。

で、今日のはこれ。

事故保険金詐欺容疑で男5人を逮捕 浜松中央署|静岡新聞アットエス

なんでも、「浜松市内の20代の男5人を逮捕」だそうで、総額で650万(約)だそうです。

 

で、この件は、判りませんが、大体こういう人達って、味をしめてかなんか知りませんが、何回もやるんですよ。

そうすると、そのうち保険会社の方でも「ん!?」となってくる、と。ほんで、最終的にバレる。あと、保険会社ってとこは、怪しいとなると、ドンドン調べ始めるとこなんで、保険金、というか、事故の被害者であれば、名目は賠償金だけど、そんなスムーズには払わなくなりますから。ちょっとお待ち、となるので。以前、自分の顧客でも、もちろん何もやましいことは無かったんですが、ちょっと疑わしいと思われるような点があったことがあって、その時は、色々提出を求められたりして、結構面倒かったです。

 

あと、慰謝料の話だけど、自賠責の場合は、予め計算方法が決まっています。なので、自賠責というのは最低基準だけども、絶対にその額では貰えるものなんです。

だから、その分は治療費とか以外に貰えるものなんで、連中からすれば「利益」となるわけです。それがなければ、物損同様に、儲けは出ないですからね。

 

というわけで、こういうのは無くならないんだと思います。あるとすれば多い少ないってのはあるでしょうね。

ではでは。

保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

このブログを書いている人のプロフィールはこちら

関連記事

ありましたら感想を。

メールアドレスは公開されません。ので、その点は安心です。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。