保険で貯蓄しようとしているぐらいなら、他にいいのなんていくらでもある!?

  

先日のことになるが、貯蓄の仕方について助言を求められたことがあった。なので、今回は、その辺りについて。

 

なんかその人は、貯蓄性のある保険でやろうとしているみたいだったんだけど、

「なんか他にいい方法ありますかね?」

みたいな感じだった。

で、ハッキリ言ってね、保険で貯蓄しようとしているぐらいなら、他にいいのなんていくらでもあるよ。マシなのも含め。

しかも、今日銀のマイナス金利政策で保険会社なんてみんな「ひーひー」言ってるわけだし。結構、売り止めになっているやつあるからね。うちの方でも、某大手生保と取引が一応あるが、唯一需要があった一時払い終身ももうダメ(停止)だからね。あれは、結構何かと使い勝手があったんだが……。取引関係が無くなる日も近いかもしれません……。

というかそもそも保険は貯蓄には向きません。

どう考えても。

保険会社の運用のメインは国債で、でその儲けた差額がユーザーに行く仕組みなの。

だから、それなら、みんな直接国債買ったほうが有利ということは言うまでもない話。

あと、保険の中途解約は元本割れが常識なので、そういう使い勝手の悪さもある。

なので、そういう点から言えば、定期預金の方が断然マシ。あれは、元本割れというのはないんだったはず。前に調べたことがある。実は、自分自身はやったことがないんだが……。

あとは、長期的なものかどうかにもよるが、投資信託とかそういうのもあります。

自分は、結構前から、それにしました。長期的じゃない名目のやつは、預金だけど。

本何冊か読んで、「いいじゃん」と思うやりかたがあったんで、それにしました。ちなみに、後に読んだ本などでも、さらに、そのやり方がいいやり方であると確信しました。

もちろん、完璧ではありませんが、そんなものは世の中存在しませんので、自分の知っている中では、一番合理的と判断している次第です。また、好みとしてもあっています。

だってね、それを知るまでは、金なんか預金とかしておいても、ほとんど増えるもんじゃないと思っていましたからね。現実にそうでした。

しかし、投資信託を買うようになってから、年で数%分ぐらいは、+になってたりするわけですからね。もちろん、途中経過に過ぎませんが。

ちなみに、民主党政権時に買っていたやつは、安倍政権になって半端なくなってました。なので、長期的に買って保有していると、ほぼほぼメリットはあると思います。(可能性が高い)

まあ、未来のことは誰にも判らないんで、賭けにはなりますがね。しかし、なんでもそれはそうですから。

何かを得れば何かを失うし、何かを失えば、何かを実は得ているもの。

ちょと、伝えきれませんが、いろんな本を読んだらかなり、腑に落ちましたね。データとか、仕組みとか、業界の話とか。エリート集団が、そんなにしないで潰れたとか。投資とはどんなものなのか?とかね。そういうの読むと判ってきますよ。あと、実際にやってみる、と。

投資信託を選ぶポイントは、

・ノーロード

・インデックス型

です。

当たり前すぎますが、当然自己責任ですし、自分の考えと、好みは、ということですのでね。念のため。

 

あとは、興味が湧いたら、ちょっとググったりすればいいでしょう。やっぱり、知りたいことは自分で、調べんとね。

あとは、要は使い手の使いようですから、0か100かではなく、例えば、上記に上げた例で言うと、

・国債

・定期預金

・投資信託

とありますが、どれかにする、という手もありますが、何割かずつ振り分ける、という手もあります。なので、どうしても抵抗が強い場合は、その割合を調整するといいと思います。まあ、どうしてもあれなら、全部預金にするしかないだろうけど、勿体無いし、つまらないねぇ。。まあ、そこは好みということで。あと、理解もあるからね。

こんな記事をちょこっと読んだだけで、理解できたら苦労はなく、それは無理ですよ。まあ、かるーい気持ちでやるのも一つではありますが。

取り敢えず自分は、投資信託を買っています。一番効率がいいようですね。仕組み的に。確率的なとこで。

なので、投資信託の中でも無難なやつなんですよ。

だから、「あ、これは自分向きだ!!」っと思ったのです、当時。今も変わりませんが。

まあ、投資信託とか、インデックスファンド、と言ってもそれこそ色々あるんですけどね。

自分は、最初いろいろ買ってましたが、一覧にいっぱい出てきて管理が面倒なので、今は整理して2種類だけ。毎月、2種類を定額買っています。自動的に買う設定になっています。なので、感覚的には定期預金ですよ。口座に残高が有れば、自動でなるので非常に楽です。

はい、というわけで自分のいいと思う、一般的な貯蓄方法はこんな感じです。そして、自分が実際に選択しているのも。

ではでは、ご参考に。

    ※ シェアお気軽に!(※ 何か反応があると、書いている方としては嬉しいものです。張り合いが違う。)




※ フォローもお気軽に!!



Instagram

follow us in feedly
更新情報をプッシュ通知で知りたい場合は↓を。※ iosはこちらのアプリが必要です。



保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

髙橋 則彦(このブログを書いている人)のプロフィールはこちら

関連記事1

感想をもらえるととても喜びますw(※ 相談とかでもOKですよ。)

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。