自動車の保険から自転車の保険も入れるようになるそうです

  

本日2本め。一本目がライトな感じだったのでもう一本書きましょう。というか、2本書くの久々だな、その辺りに体調の良さを感じる……。

 

さて、2本目も記事紹介です。

こちら。

東京海上日動、自動車保険特約「サイクルパッケージ」を発売 | レスポンス(Response.jp)

要は、自転車保険ですわ。

ただし、単体ではなく、自動車保険に特約で入れるもの。

もともと、賠償の方はこれまでもどこの保険会社も普通あったんですよ、自動車保険の特約で。個人賠償ね。

 

で、今回のは、相手への賠償じゃなくて、自転車を運転していた人のケガの補償。

補償内容はちょい引用。

自転車傷害補償特約の補償内容は、自転車で転んだり、歩行中に自転車と衝突して怪我をした場合、5日未満の入院に対して1万円、5日以上の場合は10万円から100万円を補償。後遺障害や死亡時は最大300万円を補償する。

という感じ。なので、そんなにガッツリな感じではないですね。

 

で、これポイントは「自動車保険の特約」ってところなんですね。

特約の場合通常、入るのもやめるのも電話で出来ちゃいます。

すごく便利。

単体の契約の場合そうは行きませんからね。

なので、ユーザー側も提供側も双方に利便性が高いものだと思います。

非常にいいね。

 

そんなに憶えていないけど、結構前はやたら滅多ら自動車保険の特約って沢山あったイメージ。有りすぎて今は大分整理された感があるけど。

だけど、あんまり少額の手間かかるだけで不採算なものだと、実際引き受けられないので、こういう風にお互いにWINWINのスマートな仕組みってあった方がみんなにいいと思う。

しかも、地方に関して言えば、車は必需品だから、普通みんな持っている。家に一台もないというケースは流石にまずない。探すのは相当に大変なぐらい……。

なので、こういう自転車関係以外でも、

・傷害保険

・旅行保険

・ゴルファー保険

とかそういう少額の類は、自動車保険に特約で入れるのがお互いに理想なんだと思われます。

 

あと、ちょっと馴染まないかもだけど、レクリエーション保険みたいなのね。これも、手間だけかかって、すげー面倒くさいだけで、儲けは殆ど無い、全然やる気でないなんだかわかんないやつ。

だから、うちでは基本引き受けない。引き受けるとすれば、それなりの額が行くやつだけ。だから、普通はないね。余程の規模でなければ。

こういうのも、本当は自動車保険に特約で出来たら、受けれるんですよね笑

要は、面倒くさいかどうかだけ。

電話で出前みたく

「あいよー」

みたいな感じに、出来れば別にいいんですよ、やっても。保険料の領収とかも、コンビニ払いとか引き落としとかなら。なので、というか出前みたくと言ったが、会う必要も書類のやり取りもなく電話だけで完結という意味ね。

それが、そういうのに限って、いろいろと手間暇が必要になるんでやっていられないわけですよ。せっかく問い合わせをもらってもね。

だから、そういうのなんとかして欲しいなぁ、と思う。保険会社には。

金かかる割に儲けがあんまりないから、やる気でないんだろうなぁ。。悪循環。

 

ちなみに、自賠責も儲けは大した無いんだが、そんなに面倒臭くもないので、そこまでストレスではない。相変わらずの現金領収はなんとかして欲しいが。

プランの打ち合わせとかもないからね。だから、出前みたいなもんですよ。ただ、証明書印刷するだけ。終わり。証明書の出前はそれだけの取引の人にはしないけど笑 まあ、普通はそういうケースでは言わなくても向こうから来るけどね笑

 

というわけで、大分脱線しましたが、東海さんで自動車保険の特約に自転車ユーザー向けのやつが増えるそうです。

 

需要あんのかな。

 

大体学生向けでしょ。

したら、医療費の心配いらんでしょ……。

 

自分の子供とか、自転車通学するってなっても、全く必要性感じないな……。

医療費タダだもん。

賠償は入る(ってか入っている)けどね。あれは金以外の別次元の問題もあるから。

以上です笑

良い週末を!!

    ※ シェアお気軽に!(※ 何か反応があると、書いている方としては嬉しいものです。張り合いが違う。)




※ フォローもお気軽に!!



Instagram

follow us in feedly
更新情報をプッシュ通知で知りたい場合は↓を。※ iosはこちらのアプリが必要です。



保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

髙橋 則彦(このブログを書いている人)のプロフィールはこちら

関連記事1

感想をもらえるととても喜びますw(※ 相談とかでもOKですよ。)

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。