事故は起きないもんだと思っている人へ

  

今日は、事故は起きないもんだと思っている人へ向けて。

先週末から初めにかけて、自動車の入れ替え手続きが必要な件が複数件有りました。

普通は、前もって納車日付で手続を行い、納車当日は用意万端でスムーズというのが通常のパターンなんですが、それらの件では違いました。

 

既に納車済み、と。

で、驚くのは、直ちに入替えの手続きを取ろうとしない、ということです。

あんまり積極的ではない。熱心ではない、といった感じでした。

なんでなんでしょうね。

少し考えてみました。

 

恐らくですが、あまり、事故が起きるとは考えていないのでしょう。全てはそこに尽きるんだと思います。じゃなければ、そうは考えないはず。

 

まあ、確かに、一般的な確率としては、起きる確率は低いでしょう。しかし、自分の感覚とすれば、なぜ、ワザワザ完璧に0ではない確率の中で、そういう危険な方をわざわざ選択する必要があるのだろうか、という感じ。

別にいいこと無いじゃん。

自分であれば、サラリーマンだったとしても、少し時間を貰ってコンビニ等で車検証のFAXをしますよ。勤め先のを借りてもいいでしょう。あとは、電話で手続き出来るわけですから。

そのぐらいで、手続きが完了できるわけですから、そしたら、普通はやっといたほうがいいと思うんですがねぇ……。

ものすごく、時間や手間暇がかかるものなら、考えなくちゃかもですが。ね。

そうやって、人って人生の安定感に差が出るのだな、とシミジミ思った次第です。

予期せぬところで、ボソっと落とし穴にハマる。そして、その失敗に学べればいいが、そうでもないと、また似たようなことを繰り返し、余計な出費が。お金も、時間もエネルギー、精神的苦痛。

そういう種の人って、代々ずっと、そういう感じで、いろいろな意味で余裕のない人生になってしまうんだろうな、と。

 

一言、

「FAXコンビニにもありますよ」

とか。

「スマホとかで写真撮って送信でもOKですよ」

とか。

「何あるか判らないから、早くやっといたほうがいいですよ」

とか言うと、効果のある人もいますが、大してない人もいます。

折角保険料払ってても、何にもならない。

 

世の中、都合のいい現実ばかりではない。むしろその逆。

散々人生やってきてれば、散々味わっているはずなんだが……。

総括すると、中位の人とかは別としても、極端にそっち寄りの人というのは、所詮、「痛い人」ということで、結局はなるべくしてそうなっていて、それについても仕方がない、ということなのだろう、と。もちろん、かなり極端な人の話だが。

 

それと、車両入替をし忘れた場合の30日猶予の規定について調べた。実は、まだ、実際の経験は無いのだが。そりゃそうだ……。

文字通りの30日以内なら、手続きしてなくても、補償します、というもの。

 

じゃあ、ゆっくりでも問題ないじゃないか、という考えもありそう。

しかし、いろいろ要件がある。建前論的なところを言えば、そうしないと、偽装とかして、事件が起きやすくなるから。

なので、結構落とし穴はありそうだったし、その規定を使える場合でも、多少、車検証とか手放した車についての確認だとかがある、ということ。そりゃ、そうだ。

あ、なので、手放していることが前提なので、ここまず落とし穴。

手放していなかったら、基本アウトになるだろう。

しかも多少でも、通常よりもスムーズではない点もオススメできない。

さらに、個人売買などで、名義変更がまだ未済とかだと確認が極めて困難になって来、そうなるとアウトの確率がかなり高めに。ごまかし易いもんね……。

 

なので、そういう辺りを考えると、余程の事情がない限りは、普通にやっとくべきと考えます。前もって、出来るだけ余裕を持って。

今時は、保険会社のカスタマーセンターでも出来るからね。

FAXはコンビニにもある。

とすれば、余程でなければ、「その気が有れば」なんとかなるんじゃないでしょうか。

環境的にも、時間的にも。

カスタマーセンターは、平日なら多少遅くまで開いているしね、と。

 

で、余程の事情があって、仕方なく先述の30日の規定を活用したいという場合。これはもう、予め、綿密に確認をしてやった方がいいね。機能しなきゃなんにもならないから。でも、そのぐらいなら、事前に手続き出来ると思うが。

というか、普通のパターンを言うと、車買う時に、担当の人に、我々の方へ、でき次第FAXをしてくれるよう、お客さんが頼んどくんですよ。なので、そんな苦労するってことは普通は有り得ないんですね。

・自分で気づかなくて

・予め我々の方へ問い合わせもなくて

・車屋の担当者にも恵まれなくて

とかでもなければ。なので、そうそう、入替えにまつわるトラブルっぽいようなことって普通無いので、まあ、そういうことなんだろうなと。

 

お気をつけください。

 

あ、あと最後に一言付け加えると、

不本意なんですよね。

正直切ない。

 

何もなければ、そりゃ問題ないでしょうが、あって、保険が有効に機能しない、となれば、本人はもちろんでしょうが、我々も不本意でしかないんですよ。相手も心配になるだろうし、補償ね。

電話来なけりゃ気づかないが、来るから普通。

そして、対象外を告げねばならない、この苦痛。

相手の心情。

切ない。

ってことも有ります。

自分目線のことを言えば。

お客さん本人のための保険ですし、保険料もご本人がご本人のために、自己責任で払っている、ものではあります。

が、やっぱり、いろいろ思うところはありますね。

しかも、事故っていなくても、手続きが完了するまでは、気持ちが悪い。

です。

肝を冷やす、的な。ちと使い方違うが……。

    ※ シェアお気軽に!(※ 何か反応があると、書いている方としては嬉しいものです。張り合いが違う。)




※ フォローもお気軽に!!



Instagram

follow us in feedly
更新情報をプッシュ通知で知りたい場合は↓を。※ iosはこちらのアプリが必要です。



保険相談・お問合せ

わたしへの保険相談・お問合せはこちらから。

髙橋 則彦(このブログを書いている人)のプロフィールはこちら

関連記事1

感想をもらえるととても喜びますw(※ 相談とかでもOKですよ。)

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は「必ず」入力が必要です。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。